なぜ「痛い」が必要なのか?

  • SHARE

関上 寅之輔上級Conditioning Coach

前回のコラムで、
「痛み」について触れました。

https://r-body.com/blog/20190317/3136/

 

今回は、
「痛み」はなぜ存在するのか?ついて考察していきます。

痛みの主な役割は、
「警告信号」といえます。

もしも「痛み」がなければ、
熱いヤカンに手が触れたとしても、

気づかずにひどい火傷をおってしまうかもしれません。

「痛み」があることで、
その痛みから逃れようとする反射(逃避反射)がおこり、
身体への被害が抑えられます。

熱いヤカンを触ってしまった際に、
無意識のうちに手を引っ込める反射がそれにあたります。

また、

腹痛や、

腰痛等、
内科的、整形外科的痛みにかかわらず、
カラダに不具合があるサインにもなります。

そういった必要性から、
「痛み」とは不快で嫌なものですが、

カラダにとって必要不可欠な、

重要な機能といえます。

 

END:2019.03.18

カラダのくすり箱トップへ戻る
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com