肩の関節はどういう構造?

  • SHARE

西山 幸範契約Conditioning Coach

皆さん、肩の痛みで困っていませんか?

 

「四十肩・五十肩だから時間が経てば良くなるよ!」

「歳のせいだからな〜」

 と感じている方も居るのではないでしょうか。

 

肩関節の痛みで困っている方に、

「なぜ、自分は肩が痛くなるのか?」

「この部分が動きにくいから、肩が痛くなりやすいのか!!」

など、肩の関節に関して学びをお伝えします。 

 

今回は痛みの原因の前に、

肩とは何か!

どのような動きが正常なのか!

というところを簡単に説明させて頂きます。

 

肩の動きに関与する骨は多数あります。

・胸骨(胸の骨)

・鎖骨

・肋骨(あばら骨)

・上腕骨(二の腕の骨)

・肩甲骨

 

さらに、

肩関節といっても関節が5つあります。

関節の中にも、

解剖学的関節と機能的関節というものがあります。

 

解剖学的関節とは、

関節包と言われる、

関節を包む膜や軟骨などの組織で覆われている部分。

 

機能的関節とは、

関節包のような、

関節を構成する組織が無いが、

機能的に関節のような役割をしている隙間の部分。

 

肩甲上腕関節:肩甲骨と上腕骨(二の腕の骨)からなる関節

肩鎖関節:肩甲骨と鎖骨からなる関節

胸鎖関節;胸骨(胸の骨)と鎖骨からなる関節

肩甲胸郭関節:肩甲骨と肋骨(あばら骨)の隙間

第2肩関節:肩甲骨と上腕骨の隙間

 

解剖学的関節は筋肉・関節包・靭帯などにより安定性を確保されています。

肩甲上腕関節(いわゆる肩関節)の大きな特徴は、

身体の中で最も可動性が大きい関節です。

 

そのため、

肩関節の脱臼は他の関節と比べると

高頻度で起こりやすいです。

 

では、なぜ肩の関節は脱臼がしやすいのでしょうか。

 

それは、関節の構造の問題なのです。

股関節と比べてみると、

関節のボール(骨頭)が受け皿(臼蓋(キュウガイ))に

入っている面積が顕著に少なく、

見るからに肩の関節は不安定そうです。

 

このことから、肩の関節は骨での安定性が乏しく、

その他の組織で安定性を確保しなくてはいけない組織です。

 

ですので、

肩の動かし方が悪かったりすると、

他の関節と比べて関節の周りの組織が

傷みやすい関節なのです。

 

では、

理想の肩関節の動かし方はどのようなことなのでしょうか。

 

キーポイントは姿勢と

肩甲上腕リズム(肩甲骨と上腕骨の連動)とです。

 

まず姿勢に関してです。

そもそも、肩関節屈曲(バンザイ動作)は、

頭の上(肩屈曲180°)まで行えるのが正常と言われています。

 

その内訳は、 

肩甲上腕関節の屈曲が約160°、

肩甲骨の後傾(後ろ側への傾き)が約12°

胸椎(背骨の胸の位置)の伸展(伸び)が約8°

と言われています。

 

ですので、猫背で胸椎が伸びにくい人は、

そもそも肩が真上まで上げにくい構造となってしまいます。

 

 

次に肩甲上腕リズムとは、

肩関節屈曲動作に伴い、

肩甲骨も連動して動くことを言います。

肩関節屈曲は上腕骨の動きと肩甲骨の動きが

2:1で動くと言われています。

このリズムが破綻すると

肩関節に詰り感や痛みが出やすいと言われています。

 

肩関節の動きを自分自身で確認することは難しいですが、

トレーニングの中で意識してみると

違った発見があるかもしれないですね。

 

ぜひ皆様も自分の肩が

どのような動きをしているかを確認してみてください。

 

日常生活・トレーニングの中で、

楽しく体のことを学んでいきましょう!!

 

何か、気になる点がありましたら、

いつでも声をかけてください!

全力でサポートします。

 

次回も乞うご期待!!

 

END:2020.10.06

カラダのくすり箱トップへ戻る