クライアント聖路加メディローカス

聖路加メディローカス

クライアントのご紹介

2012年秋、聖路加国際病院附属クリニック聖路加メディローカスは、再開発で大きく変貌する大手町一丁目、日本経済の中心地にプライマリ・ケア、予防医療を提供するクリニックとして誕生しました。母体となる聖路加国際病院は、日本で初めて人間ドックを行なった病院の一つとしても知られており、日本の予防医療の発展に大きく貢献されてきました。

クライアントの課題・オーダー

先見の目を持ち、常に時代のニーズを捉えてきた同病院。「聖路加メディローカス」の立ち上げにあたり新たに目指したのは、医療と運動の密接な連携でした。今よりも一層、一人ひとりの健康状態やライフスタイルに合わせた適切な提案を可能にしたい!という思いがあり、R-bodyへのオーダーは、運動分野において私たちが蓄えてきた知識・メソッドによる、全面的なサポートでした。

聖路加メディローカス

コラボレーション内容

1.人間ドック内への身体機能測定(S・O・A・P®︎)の導入
予防医療には欠かせない「運動」を人間ドックの一つの項目としていただきました。

2.フィットネスエリアの企画・デザイン
コンディショニング(予防・再発防止)に必要な備品の選定、施設レイアウトを実施致しました。

3.フィットネスエリア運営
コンディショニングを習慣化できるよう、パーソナルトレーニングを主体とするのではなく、患者様のご都合の良いタイミングにご来館いただいてもサポートすることのできるオペレーションを実現しております。

4.フィットネスエリア常駐コンディショニングコーチの派遣

聖路加メディローカス

効果・クライアントの声

聖路加メディローカスでは、メディローカスクラブの会員様を対象にトレーニングを行っていただいています。S・O・A・P®︎を受けて「目からうろこだ!」と目を輝かせている方、定期的にトレーニングを続けた結果「数年ぶりにスカートをはいたの」と嬉しそうにスカートを見せてくださった方、会員様の嬉しそうな姿を近くで見ることができるのは、私たちスタッフにとっても喜びであります。また、定期的に講師をお願いしているセミナーでは、60分ほどの講義があっという間に感じられるほど、毎回新しい発見とトレーニングへの意欲をいただいています。これからも多くの方にR-bodyを体験いただけるよう、私たちスタッフも努めてまいりたいと思います。今後ともよろしくお願い致します。

(聖路加国際病院附属クリニック 聖路加メディローカス職員)