クライアント徳島ヴォルティス

徳島ヴォルティス

クライアント紹介

四国初のJリーグチームを運営する『徳島ヴォルティス株式会社』。県民・企業・行政三位一体による運営、県民に愛され、地域の誇りとなるチームづくりをコンセプトに、豪快な鳴門の渦潮のようにパワー・スピード・ 結束力を兼ね備え、観客を興奮の渦に巻き込むことを目指されています。

徳島ヴォルティス

クライアントの課題・オーダー

2018年11月21日に​徳島県美馬市様、大塚製薬株式会社様と徳島ヴォルティスで連携協定を締結し、J リーグクラブ初となる「美馬市版 SIB(ソーシャルインパクトボンド)」として「健康増進のためのプログラム」事業を開始することが発表されました。
今回の事業は、姿勢の悪さや慢性的な痛み(肩痛・腰痛等)を感じている美馬市民に対して、運動機能を改善することで運動習慣の定着を図り、徳島県美馬市民の健康の維持・増進に寄与し、将来的な医療費・介護給付費の削減につなげることを目的とした事業となっています。
そこで、長年にわたり運動でカラダを「整え」、怪我の予防、再発防止に努めてきたR-bodyが提供するコンディショニングプログラムを取り入れたいとオーダーをいただきました。

徳島ヴォルティス

コラボレーション内容

1.徳島ヴォルティスコーチに向けたConditioning Coach Mentorship Programの実施
コンディショニング指導を行うのに必要な基礎知識・コーチング力を身につけていただき、1対複数での指導ができるように研修をいたしました。

2.コンディショニングプログラムの提供
市民の方に実施していただく用のコンディショニングプログラムを作成し、提供いたしました。

3.コンディショニングコーチ派遣
徳島ヴォルティスコーチが実際に指導を行う現場に伺い、OJTサポートを行います。今後もコンディショニング指導の精度を高め、より効果が出るようにサポートしていきます。

徳島ヴォルティス