MESSAGE代表メッセージ

私たちはみな、人生という舞台を生きるアスリートです。生き抜くために何より必要なことはライフパフォーマンスの向上です。

You are all athletes for life.
Enhance your life performance.

ライフパフォーマンスを向上させるためには、日々のコンディション(体調)の維持、すなわちコンディショニングが必須です。

コンディショニングの方法はさまざまありますが、その必須項目のなかに、「医療」と「運動」があります。

病を治すには医療が必要です。運動は病(やまい)に立ち向かうための力になり、病(やまい)の予防を強くアシストします。医療と運動の連携は、今後、アクティブライフに欠かせないものとなっていくでしょう。

Exercise is medicine

運動は万能薬。適切な処方は適切な効果を生みます。適切な処方に必要なことは大きく二つ、自分のカラダを知ること、薬(運動)の効果効能と使い方を理解することです。
 
 R-body projectは医療と連携して、学びの場を提供します。自分のカラダを他人任せにせず、自分自身でコンディショニングできるようになるために学び合う場を作ります。より多くの方々のライフパフォーマンスを総合的にサポートするために、広く、深くコンディショニングを開発し続けます。

Total conditioning for life performance

R-body projectは、ライフパフォーマンスをサポートするトレーナーカンパニーとして、この世の中に必要とされる企業となり、「不易流行」のもと、成長していきます。

R-body projectは「不易」を4Rで踏襲し続けます。時代の変化に応じた「流行」を具現しつづけます。トレーナーのあり方そのものも大きな変化を必要とされてきている今、「コーチング力」と「ネットワーク力」が「流行」だと考えます。

知識と技術の習得は、これまでトレーナー個々の努力に委ねられていました。それぞれがそれぞれに探し求め、身につけたものが質として判断されていましたが、情報化社会の進化は、そうした一種の職人芸的な在り方を塗り替えようとしています。

知識や技術は、限られた人のものではなくなろうとしています。誰もが、以前とは比べようもならないほど高く、広範な知識と技術を、以前には考えられないスピードで習得することが可能になろうとしています。そうした「流行」に応じるべく、「習得」の定義を「覚える」から「使いこなす」に変化させることが必要だと考えます。

「使いこなす」ために、トレーナーに求められるものは、目の前のクライアントに、何をどのようにするか、むずかしいことをわかりやすく、必要なことが必要なだけ“伝わるように伝える力”、すなわち「コーチング力」がとても重要な力となってきたと考えます。

「コーチング力」とは、相手の心を読み、心を共にし、その人の望む場所に導く力です。相手の立場になり、本気で相手の事を考えて行動できることが大前提となります。

平易な言葉で言えば、「いいヤツ(男女共に)」であるかどうかです。

テクノロジーと共存し、コーチング力を持つ「いいヤツ」であることが「これから」のトレーナーに欠かせない条件になると思います。

もう一つ、トレーナーの「これから」を形作る重要な要素は「ネットワーク力」です。ライフパフォーマンス向上のためのコンディショニングは、人それぞれ異なります。一個人においても、その時々のコンディションによって行うことは異なります。トレーナー一人の力でこうした多様性をすべてカバーすることは不可能といってよいでしょう。

コンディショニングを総合的に提供するために必要なことは、得意分野が異なるトレーナー同士が、そして、トレーナー以外の様々なコンディショニング領域のスペシャリストが、技術、知識、コーチング力をクライアントに向けて結集することです。

そのためにR-body projectは、世の中に存在する高度専門職のコンディショニングスペシャリストとのネットワークを国内外に広げ続けます。

そして、真のネットワークを築き上げるために、トレーナー自身に以下の4つの要素がより必要だと考えます。

・目の前の人のために、自分自身を高め、脳みそをフル回転させる
・同時に、他人の脳みそも使う
・そのために、相手を信頼し、尊敬する
・そして、自分も信頼され、尊敬される人となる

真のネットワークとは身近な言葉に置き換えれば「チームワーク」です。自分以外の人と共に、「チームワーク」を築ける人であること、それがR-body projectが描く「これから」のトレーナー像です。

R-body projectは「いいヤツ」で「チームワーク」のある集まりです。そして、これからも世界中の「いいヤツら」と仲間になり、より大きな「チームワーク」を築きたいと思っています。

自分の能力を上げるためではなく、すべては、目の前の人のコンディション向上のために。

R-body projectは、「いいヤツら」と共に、「チームワーク」を組んで、トレーナーカンパニーからトータルコンディショニングカンパニーに成長します。

2020年7月
鈴木 岳.