コンディショニング特別対談

SPECIAL TALK SESSION

  • No.01自分のカラダを知るということ。

    桑田真澄×鈴木岳.(R-body)

    桑田真澄×鈴木岳.(R-body)

    プロ野球選手として国内外でトップを走り続けた桑田真澄さん。現役を引退された今も「ただ長生きするだけでなく、元気なカラダで長生きしたい」と、自分自身のカラダを常にベストに保つためにコンディショニングを続けられています。そんな桑田さんと、R-body代表の鈴木岳.が対談を行いました。桑田さんにとってのコンディショニングに対する考え方や、トレーナーという職業の価値について、日本の競技スポーツにおける教育についてなど、話は多岐にわたりました。

  • No.02日本人トレーナーの価値。

    北島康介×鈴木岳.(R-body)

    北島康介×鈴木岳.(R-body)

    「北島康介」と聞いて思い浮かべるのはどんなイメージでしょうか。実は、北島さんは国民の誰もが知るアスリートとしての輝かしい競技生活の中、「自分たちアスリートを陰ながら支えてくれたトレーナーの価値向上のために」とトレーニングセミナーやトレーニング用品の販売等を行う会社「Perform Better Japan」を現役時代に設立されています。そんな北島さんが、公私ともに親交の深いR-body代表の鈴木岳.と対談を行いました。場所はR●BODY CONDITIONING CENTERのトレーニングスペースです。

  • No.03健康な100歳をつくる。

    伊達公子×鈴木岳.(R-body)

    伊達公子×鈴木岳.(R-body)

    これまでR-bodyにおいて500名を超えるオリンピアン、トップアスリートがコンディショニングに取り組んできましたが、現役を引退してなお継続しているのはふたり。そのうちのひとりが伊達公子さんです。目指しているのは大好きなテニスを100歳までプレイすること、そして120歳まで自分のことは自分でできる健康カラダでいること。人生100年時代と言われてはいますが、国のサポートが保証されているわけではない今、カラダとどのように向き合えばよいのか。コンディショニングをめぐる知と熱をここに。

  • No.04迷路に入りこまないために。

    内藤雄士×鈴木岳.(R-body)

    内藤雄士×鈴木岳.(R-body)

    ツアープロコーチ、レッスン番組のホスト、テレビ解説、Youtubeチャンネルの制作、雑誌や書籍の執筆等、引く手あまたの内藤雄士さん。多忙の合間を縫って練習をしたところが、思うようにボールが飛ばず、さらには練習を重ねても修正できず「あれ? どうしたんだろう。こんなことなかったのに」。首をかしげていた時に出会ったのがコンディショニング。以来、自分のカラダと向き合って7年、「最近、自分にとても期待できるようになっています」。ゴルフ界きっての理論派に、ゴルフとコンディショニングの関係について伺います。