• 会員予約ページ
  • サービス体験事前アンケート

R-body project

RACADEMYRBODY INSTITUTE

この10年で世の中の健康に対する意識は急速に高まっています。インターネットを始めとするメディアの発達も相まって、健康に関する情報は溢れ、クライアントの要求も高まってきました。情報へのアクセスが誰でも簡単に行えるようになった世の中で求められていること、それは『クライアントにとって最適なトレーニング指導』です。つまり、目の前のクライアントのカラダを評価し、そのコンディションに合わせたトレーニング指導が求められているのです。
2011年、株式会社R-body projectは、教育機関と働く現場の橋渡しとなるべく、結果の出せる即戦力のトレーナーを養成する実践型の教育機関としてRACADEMYを開講いたしました。「カラダの機能に関する原理原則」を学び、「動作を見極める力」「相手に正しく伝える力」を養うカリキュラムにより、開講から6年間で700名以上の方が受講され、ここ数年のフィットネス業界において「評価に基づくコンディショニングトレーニング指導」は今では当たり前のように受けられるようになってきていると実感しています。

NEWS

COURSE

R-Conditioning Coach

RACADEMYではR-Conditioning Coachを養成します。

RACADEMYは R-Conditioning Coach の養成機関です。
R-body projectは開業以来13年間、R-body施設をご利用された150名以上のトップアスリート、約5000名にも上る会員様、述べ25万回のパーソナルトレーニングセッションを通じて、そのデータと経験を蓄積して参りました。2017年2月、ついにそのデータと経験から導き出された『結果を出すトレーニングの法則』をR-body project オリジナル メソッドとして形にしました。そのメソッドを学んだ、「動作評価に基づいてカラダの問題解決を行えるコンディショニングトレーニング指導者」がR-Conditioning Coachです。

R-Conditioning Coachの
サービスフロー図

  • S・O・A・P®

    S・O・A・P®

     ファンクショナルトレーニング理論に基づく機能評価を行います。
     機能評価に用いる項目は、カウンセリング、姿勢評価、FMS/SFMA※①を用いた動作評価、そして動作評価によって発見された機能不全の原因を探る動作分析です。「S・O・A・P®」によってクライアントのカラダの現状を把握することで、問題点を分かりやすくクライアントに伝えることが出来るようになります。※①FMS/SFMAは米FMS社の登録商標です。

  • Conditioning Program Design

    Conditioning Program Design
    (コンディショニング プログラム デザイン)

     「S・O・A・P®」で判明したカラダの問題点を解決する為に、最新のスポーツ医科学の知見に基づいたコンディショニング プログラムを作成します。
     様々な資格や、トレーニングに関する知識・技術は、料理で言うならば食材にあたりますが、その食材(知識/技術)を使ってどのように料理(Program Design)をするのかを学ぶことで、知識として「ただ知っている」だけでなく、結果の出るサービスを提供できるようになります。

  • Personal Conditioning 指導

    R-Conditioning指導
    (アールコンディショニング)

     お客様一人ひとりに合わせて適切なコンディショニング指導が行えるよう、”動作を見る目”を養います。
     また、「Reach Program」(伝わるように伝える、トレーナー向けコミュニケーションプログラム。)に則った『伝える力』を身につけます。知識・技術を正しく伝え、S・O・A・P®に基づき結果を出すためのコンディショニング指導を可能にします。

RACADEMY 教材

購入方法:
  1. 店舗窓口販売(恵比寿・大手町の店頭で販売しております。)
  2. インターネット販売
    ※各種クレジットカードでのお支払いとなります。

    • 下記「今すぐ購入」ボタンからお申し込み下さい。
    • 決済システムに「Paypal」を利用しております。お申し込み時に配送先ご住所等の登録が必要ですが、登録に際し一切の費用は発生いたしません。
    • お支払後、7営業日を経過してもお手元にテキストが届かない場合、大変お手数ですがご連絡いただきますようお願い致します。
      【お問い合わせ】R-body Institute TEL:03-6273-4337 MAIL:academy@r-body.com
価格:
  1. 店頭販売 ¥12,960-(下記3点の合計価格)
  2. インターネット販売 ¥15,660-(下記3点の合計価格)※送料/梱包料/配送手数料/クレジット決済手数料込みの価格となります

    ※Program Design作成シートについての詳細は、
    E-Learning Centerより「Program Design」の動画にて
    詳しく説明しております。

    今すぐ購入

    【お問い合わせ】
    R-body Institute 
    TEL:03-6273-4337 
    MAIL:academy@r-body.com

R-Perfomance Coach

R-AT

NASM-PES

NASM-PES オンライン資格取得コースは、
インターネットさえあれば国際基準のカリキュラムの
講義受講から資格試験までが「いつでもどこでも」可能です。

コース概要

コース名 NASM-PES オンライン資格取得コース
対象者 パーソナルトレーナー、アスレティックトレーナー、ストレングス&コンディショニングコーチ、理学療法士、鍼灸師、柔道整復師など
コンテンツ ・日本語の講義動画サイトへのアクセス権 全16章 総動画時間17時間
・講義受講用日本語版テキスト
・試験対策用小テスト  全16章分
・英語版テキスト 全647ページ
・NASM Official Siteへのアクセス権 ※Exercise Library他
・日本語版資格試験の受験権利
受講料 ¥129,600(税込
※上述のコンテンツ全て含んだ料金
学生受講料
(学生割引)
¥ 90,720(税込)
※専門学校、または大学の最終学年の方(卒業見込み者)に限ります。
なお、受験資格該当学校の既卒歴がある学生はこの限りではありません。
※割引の適応には各種書類が必要となります。詳細は下記をクリックしてください。
⇒【学生特別割引の受講手引
受験資格 1)4年制大学(学部問わず)、または日本のスポーツトレーナー系・医療系専門学校の既卒者。
  およびその卒業見込み者(2017年3月卒業見込み者)
2)米NCCA、NBFE、DETCの認定団体(NSCA、ACS、NESTA、ACSM、AFAAなど)の資格をお持ちの方。
  ※資格付与の為に上記①②の両方か、そのどちらかに該当することが必要です。
カリキュラム内容 第1章 インテグレーテッドトレーニングの概要
第2章 人間運動科学概論
第3章 スポーツパフォーマンステスト
第4章 パフォーマンスアップのための柔軟性トレーニング
第5章 パフォーマンスアップのための心肺持久力トレーニング
第6章 パフォーマンスアップのためのコアトレーニング
第7章 パフォーマンスアップのためのバランストレーニング
第8章 パフォーマンスアップのためのプライオメトリクストレーニング
第9章 パフォーマンスアップのためのSAQトレーニング
第10章 パフォーマンスアップのためのレジスタンストレーニング
第11章 パフォーマンスアップのためのオリンピックリフティング
第12章 ピリオダイゼーションとOPTモデル
第13章 障害予防のコンセプト
第14章 パフォーマンス栄養学
第15章 エルゴジェニックエイド
第16章 パフォーマンス心理学

お申し込みから資格取得までの流れ

1)Google mailアカウントの取得
▼アカウント取得サイトはこちら
※講義動画サイトへのアクセスのため必須となります。(すでにお持ちの方は新たに作成する必要はございません)

2)申し込みフォームへの登録
▼申し込みフォーム

3)弊社指定口座へ受講料お振込
お申し込み受付メール受信から、7日以内に受講料を指定口座へお振込みください。
※振込口座情報記載の受付完了メールを返信いたします。

4)On-line学習の開始
お振込み確認出来次第「On-line講義受講サイト」で学習開始できます。
各種資料は上記サイトからダウンロード。
※On-line講義閲覧期限はここから1年間有効。

5)英語版テキスト受け取り
入金確認から約1~2週間で英語版テキストが郵送されます。

6)NASMよりオンライン試験サイトメールを受信
入金確認から約20日以内に米NASMより「オンライン試験受講サイト」のメールが受信されます。
※オンライン試験受講期限はここから1年間
※3回まで受験可能。

7)オンライン試験受講
合否はその場でわかります。

8)認定証の郵送
約2ヶ月以内に米NASMから認定証が郵送されます。
※On-line試験に合格御、簡易的な認定証はインターネットからダウンロード確認。
※学生は所属学校の卒業(卒業証明書の郵送)を確認後、郵送いたします。

推奨利用環境

・推奨画面サイズ 1280×1024pixcel以上
・推奨通信速度 1Mbps以上
・Adobe Flash Player(Version10.0.0以上)

【オペレーティングシステム】
・windows 7以降
・Mac OS X 10.7以降
・Ubuntu 10以降
・Linux OS 11以降(64bit)

パンフレットダウンロード

NASM-PES On-line資格取得コース
パンフレットもございますのでご希望の方はダウンロード頂けます。

 

↑画像をクリックするとダウンロードページに進みます

教育ローンのご案内

NASM-PES オンライン資格取得コースは、金融機関と提携しております。
提携金融機関の教育ローンをご利用頂くことにより、受講料金の分割払いが可能です。
分割払い(ローン契約)をご希望の方はアカデミー事務局までご相談ください。
・アカデミー事務局(academy@r-body.com
・提携金融機関による審査がございます。
・3~36回の分割払いが可能です。

セミナー情報

只今開催予定のセミナーはございません。
決定次第、随時情報を掲載いたします。

Q&A よくあるご質問

NASM-PESという資格について

Q1. どのような方が受講されていますか?
パーソナルトレーナー、アスレティックトレーナー、ストレングス&コンディショニングコーチ、理学療法士、鍼灸師、柔道整復師、トレーナーを目指す学生、トレーナー系教育機関の講師の方と多岐にわたります。
取得者に医療系有資格者が多い事も本資格の特徴です。
Q2. どのくらい認知されていますか?
日本でもハイランクなトレーナーの認定資格として多くの企業でも認められ、求人において、NASM-PESをトレーナーの必要資格として掲載している企業が増えています。

試験について

Q1. 資格試験が受講できる期間はどのくらいですか?
本国(アメリカ)NASMより最初のメールが届いてから1年間、オンライン資格試験の受講ができます。
Q2. 試験は何回まで受験できますか?
1年の期間内で3回まで受験ができ、1回でも100問中70点以上の基準をクリアすれば合格となります。
Q3. 資格試験が受講できる期限を過ぎてからの試験受講はできますか?
1年間の期間を過ぎてからの資格試験受講はできません。1年以内に受験していただくようお願い致します。
Q4. 資格取得後、資格の有効期限はありますか?
本資格に有効期限はありません。
試験に合格し、資格認定がなされた後は単位の取得や更新などの手続もございません。
Q5. 試験対策はどのようなものがありますか?
1)オンライン講義動画を受講開始から1年間、何回でもご覧いただけます。
※英語版NASM-PES
オンラインコースには講義動画はなく、日本語版のみの特典となります。

2)各章ごとに設定された小テストで理解度をチェックすることができます。
Q6. テキストは日本語ですか?
オンライン講義で使用するスライドは全て日本語です。日本語スライドはダウンロードしてご利用いただけます。
それ以外に米NASMの発行する全647ページの英語版テキストを教材としてお受け取りいただけます。
Q7. 合格率はどのくらいですか?
しかし日本語版サイトには各章ごとに小テストを設けており、何回でも視聴可能なオンライン講義動画で理解向上を手厚くサポートしております。
トレーナーでない一般の方も、上記のようなサポートを通して合格されたという実績もございます。

諸費用について

Q1. 受講料に試験料は含まれていますか?
受講料には試験料も含まれており、受講料以外に費用はかかりません。
Q2. 年会費など、資格保持のための費用は必要ですか?
年会費やその後の資格保持のための費用は不要です。
Q3. 受講料の分割払いはできますか?
分割でのお支払いも可能です。
ただし、提携金融機関の審査等の手続きが必要となります。
詳細は「教育ローンのご案内」をご覧ください。
Q4. キャンセルについて教えて下さい
受講料のお振り込み後のキャンセルは原則的に承ることが出来ません。

E‐Learning Center

R-body project開業以降13年間で蓄積されたデータと経験をもとに構築されたカリキュラムを、On-line講義として配信しております。
どなたでも、無料で何回でもご覧頂くことが出来ます。

On-line講義 8講義/Exercise動画約170種目 無料!!

講義動画中のスライド約300スライドと、約170種目のExercise動画マニュアルは全て「RACADEMY Text」に掲載されております。是非On-line学習にお役立て下さい。

1 Introduction トレーナー業界の現状と、昨今求められているトレーナーの素養について解説します。
2 R-Conditioning Coachサービスフロー R-Conditioning Coachが出来るようになるサービスの内容を、具体的に解説します。
3 構造解剖 人の動作を学ぶ上で必要な、筋肉や骨格の構造を学びます。
4 Functinal Training理論1.0 ファンクショナルトレーニング理論の5大原則を通して、動作の原理原則を学びます。
5 Reach Program 『伝わるように伝える、トレーナー向けのコミュニケーションスキル』です。
6 S・O・A・P®概論 機能評価法「S・O・A・P®」の理論と、その進め方を学びます。
7 姿勢評価 姿勢不良から起こりうる機能不全や傷害について学びます。
8 Conditioning Program Design S・O・A・P®︎により導かれたR-bodyオリジナルのコンディショニングプログラム作成について学びます。
9 R-body Exercise種目 (約170種目) R-Conditioning Coachに必要な約170種目のExercise種目を動画で学びます。

1. Introduction

2. R-Conditioning Coach サービスフロー学習ガイド

3. 構造解剖学

4. Functional Training 理論 1.0

5. S・O・A・P®概論

6. 姿勢評価

7. Conditioning Program Design

8. Reach Program

pagetop
©️ R-body project inc. All rights reserved.