Active stretchを活用しよう!

  • SHARE

大淵 颯上級Conditioning Coach

こんにちは!

本日はActive Stretchについてお話します。

さて、
Active StretchとはどんなStretchで普通のStretchと何が違うのでしょうか?

R-bodyでみなさんにお伝えしているActive Stretchは
以下のような種類があります!

会員の皆さんなら一度は実施したことあるのではないでしょうか?

そのActiveSterechの効果を理解するために
この記事をご覧なっている皆様も試して頂きたいのですが、
力こぶを作ると筋肉が収縮し力が入っていると思います。

 

では、その時に裏側にあるにの腕の筋肉はどうなっているでしょうか?

 

恐らく力こぶの筋肉のように収縮して力が入っている人はいないと思います。
わかりずらいですがこの時裏側の筋肉は伸張(伸ばされています)


ちなみにどちらにも力が入るとこのように関節は動きません。

(必死に力を入れる吉田トレーナー)

このように関節を動かすために必要な反応(相反抑制)を利用したStretchが
Active Stretchです。

「Active Stretchはどんな時にやったほうがいいの?」
とよく聞かれますが、どのタイミングでも問題はありません。


しかし、1番はスポーツ前などカラダが活動する前のウォーミングアップ時に行うのが有効です!

通常のストレッチは筋肉を伸ばす効果がありますが、
同時に筋肉が発揮する力を下げてしまう可能性があると言われています。

その点Active Stretchは
筋肉を収縮(力を発揮)させながら行うStretchなので
筋肉が発揮する力を下げずにStretchをかけることができます。

ぜひ、
朝起きたあとや、
休日のゴルフの前、日々のランニング前にActive Stretchを活用してみてください!

END:2018.07.10

カラダのくすり箱トップへ戻る