• 会員予約ページ
  • サービス体験事前アンケート
  • SHARE
  • R-body project in Thailand

    宮山 卓也コンディショニングコーチ

    こんにちは!

    今回は宮山がコラムを担当させて頂きます。

    2019年の初仕事は

    タイのホアヒンにあるヘルスリゾート、

    Chiva-Som(チバソム)でスタートしました。

    ※Chiva-Somは医療法人として運営されています。

    https://www.chivasom.com/hua-hin/overview

    そこで感じたことを記していきます!

    今回はChiva-Somから、

    ゲストにR-bodyのサービスをして欲しいというオファーを頂き、

    私が行かせて頂きました。

    チバソムは2018年の5月から10月まで改装工事をして、

    一部施設が新しくなっていました。

    また2019年の5月から10月末まで改装工事を行い、

    全施設をリニューアルする予定とのことです。

    Chiva-Somに宿泊しているお客様と話していて

    印象的だったのは、

    「ニューヨークのトレーナーに

    マッサージだけでは痛みは根本的になくならず、

    運動が必要だと聞いた。」

    「筋肉隆々になるよりも

    動きやすい身体を手に入れるトレーニングをしている」

    というように、

    運動によって身体を整えるという考え方が

    世界的にも広がっているのかなと、肌で感じれたことでした。

    昨年初めてChiva-Somに行った時よりも、

    ただ単に筋トレをするのではなく、

    自分で身体を整えるような運動をしている人が増えていました。

    身体を鍛える前に整えるというのコンセプトは、

    これから益々需要が高まると感じた瞬間でした。

    Chiva-Somで働くトレーナーや

    理学療法士の方々も勉強熱心で

    コンディショニングについて学びたいということで、

    トレーニングにおけるR-bodyの考え方をシェアさせてもらいました。

    多くの質問も出て、とても活発な時間でした。

    また欧米の方に指導していて感じたのは、

    良い・悪いをはっきりと求めてくるということです。

    指導中も上手くできてない部分をバシバシ指摘することで、

    会話にテンポが生まれ、コミュニケーションも上手く取れます。

    身体の機能や構造はどの国の人でも変わりませんが、

    伝え方やコミュニケーションの取り方は

    その国の方々に合わせていく必要があるなと感じました。

    せっかく良い知識や技術を有していても、

    正しく伝える力がないと

    それも意味がなくなってしまうと改めて気づかされました。

    また、仕事の合間に

    理学療法士チームの新年会に参加させてもらいました。

    チーム一丸となってとても楽しい会でした。

    全員が出し物をして、自分も急遽日本語の歌を歌いました(笑)

    出し物の最中、日本であれば「ヒューーー!!!」

    などと言って見ている側は会場を盛り上げますが、

    タイでは「ア゛ァァーーーー!!!」といって

    見てる側が会場を盛り上げているのがカルチャーショックでした。

    常識が覆される瞬間は、

    どんな些細なことでも刺激となって楽しいですね!

    (毎回イベントではテーマを決めているようで、

      今回は「花」をテーマにした会でした!)

    海外の同志たちとの写真で締めくくります!

    END:2019.02.20

     

    同じトレーナーが書いた記事はこちら

    同じテーマの記事はこちら

    カラダのくすり箱トップに戻る
    pagetop
    ©️ R-body project CO., LTD. All rights reserved.