体温調節のしくみ

  • SHARE

宮山 卓也上級Conditioning Coach

今回は宮山が体温調節のしくみについて書かせていただきます。

 

 

運動をすると体温が上がり、汗をかいたりしてカラダは勝手に

体温調節をしてくれていますね。

 

 

体温調節は生存のために重要な機能の一つでもあります。

 

 

 

 

それでは、どのような仕組みになっているのでしょうか。

 

 

体内には「温度受容器」と呼ばれる温度をモニターする器官があり、

中枢性のものと末梢性のものがあります。

 

 

中枢性のものは脳の視床下部という部分に存在します。

 

 

ここにある温度を感知するセンサーの感度はきわめて高く、

0.01度の温度変化を感知することができます。

 

 

これは脳内の血液の温度をモニターしています。

また、末梢性のものは主に皮膚に存在します。

これには熱受容器と冷受容器があります。

 

 

前者は38~43度の時、後者は15~34度の時、

脳へ熱い、冷たいという情報を発信し、

その情報を得た脳(視床下部)は体温が一定に

保たれるようにカラダに指令を出します。

 

脳からこの指令を受けると、汗腺、血管、筋肉、内分泌腺の

4つを使って体温を調整します。

 

 

皮膚温や血液の温度が上昇すると、脳からの指令で

全身におよそ230万個あるといわれる汗腺から汗が出ます。

 

 

また、皮膚にある血管が拡張し、カラダの深部の熱がより

多く表層(皮膚)へと運搬されて深部体温を一定に保とうと働きます。

一方、皮膚温や血液の温度が低下すると、皮膚にある血管は

逆に収縮し、熱が逃げないようにします。

 

 

また脳が筋肉を震えさせて体温を上げようとします。

寒い時にカラダが震えるのはそのせいですね。

 

 

 

 

また諸説あるようですが、おしっこをした後にカラダが

震えるのも尿によって奪われた熱を補うために筋肉を震えさせる

とも言われています。

 

というところで本日はここまで。

 

今後も、普段自分のカラダにおきているけど意外と知らない!

というカラダについての内容を投稿していきます!

 

 

END:2019.05.28

カラダのくすり箱トップへ戻る
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com