【背が伸びた?】

  • SHARE

中川 喬平Conditioning Coach

本日のコラムは中川が担当させていただきます。

どうぞ最後までご覧ください。

突然ですが

子供のころ、毎年の身体検査で

身長を測るのが楽しみだった人は多いかと思います。

年々伸びていく数字は、成長の証。

大人の階段を登っているような気がして、

ドキドキしてしていませんでしたか?

 

しかし、男性であれば、17~18歳

女性であれば、15~16歳で身長は頭打ちになるかとおもいます。

なのにも関わらず、大人になった今、

朝に身長を計ると、まさかの1cm伸びてる!

やったー!

なんて思いながら、うきうき仕事を終えて

家に帰り、身長を計り直すと

 

え・・・、

ちっちゃくなってる・・・。

なんてことありませんか?

その原因はズバリ「重力」なんです。

 

寝ている時も、起きている時も、

ブラジルにいても、日本にいても、

おじいちゃんであっても、赤ちゃんであっても

変わらず「重力」は平等にかかってます。

では、なぜ重力で伸び縮みするのと言われますと

ここには、「背骨」が大きく関係してきます。

※背骨は積み木のように積み重なってできています

(コンディショニングしている方ならご存知でしょう!)

ぐっすり睡眠をしているときには

「背骨」に対して「重力」はかかっていないですよね?

写真③

しかし、起きて日常生活をしている時は

絶えず、「背骨」に対して「重力」がかかります。

そうすると積み木と積み木の間が狭くなります。

なので、朝と夜とで身長に差が出るのですね!

なるほどなるほど。

これは、私たち二足動物の宿命ですね。

 

ということで、「重力」と「背骨」というのは

とても関係性が強く重要であります。

なので、私たちも、コンディショニングでは

「重力」が「背骨」にかかっていない

「重力」が「背骨」にかかっている

ということを、重要視しています。

例えば、皆様も一度は苦しんだことがあるのではないでしょうか

万歳動作!!

 

「重力」が「背骨」にかかっていない

「Floor Slide」

余裕でできます!

「重力」が「背骨」にかかっている

「Wall sit reach」

上手く万歳できない・・・。

 

これほどまでにも違うのです。

(スペシャルゲスト:藤井トレーナー)

日常生活では常に重力はかかっています。

なので、重力下で動作ができる状態じゃないと

あまり意味ないですよね?   

しっかりコンディショニングして

重力に負けない身体を獲得しましょう!

END:2019.12.01

カラダのくすり箱トップへ戻る
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com