鈴木 岳.のつぶやきコラムNo.14

  • SHARE

鈴木 岳.

未来と芸術展に行ってきました。

今後、我々トレーナー業界は、

AIとの共存が必須になるでしょう。

動作評価もiPhone一つあれば、簡単に可能となる時代も間近でしょう。

その人にとって適切なエクササイズプログラムも

ワンクリックで簡単にできるでしょう。

では、トレーナーの質の差が出るポイントは何でしょうか?

それは、「コーチング力」「指導力」だと思います。

では、質の高いコーチング力とは?

もちろん、トレーナーによる説得力のある

プレゼンテーション能力も必要でしょう。

でもその前に、クライアントとの信頼関係の構築が必要でしょう。

そのためには、クライアントの話を「聞く力」が必要だと思います。

そして、ただ聞くだけではなく、

相手が話しやすいような「場」作りも必要です。

その「場」作りが上手な人のことを「コーチャブルな人」と言います。

これからのトレーナーはコーチャブルである必要があると思います。

R-ACADEMYでは、コーチャブルになる術をお伝えします。

是非参加してみてください。

鈴木岳.

END:2020.02.23


Warning: array_shift() expects parameter 1 to be array, bool given in /home/rbody/r-body.com/public_html/wp-content/themes/r-body/single-blog.php on line 134
カラダのくすり箱トップへ戻る