構造解剖学 カラダの動く仕組み

  • SHARE

関上 寅之輔上級Conditioning Coach

皆さんこんにちは!

今回は、
皆さんのカラダが動く仕組みをご説明します。

皆さんがカラダを動かすために必要なものは、
ざっくりいうと下記の4つです!

 

①脳(命令を出す組織)

②神経(命令を伝える組織)

③筋肉(命令を受けると縮む組織)

④骨


この4つの組織の中で、
実際に動くことが出来るのは筋肉だけです。

筋肉は命令を受けると「縮む」動きをします。

 

■筋肉が動く仕組み

脳みそから命令が送られ、
命令が神経が通じて筋肉に伝わり、
それに反応した筋肉が縮みます。

4つの組織の中で、

唯一動く(縮む)ことが出来る筋肉が、

どのようにしてカラダを動かしているのか?

次は、関節の構造の解説です。

 

 

 

■関節の構造

人間のカラダには約650の筋があり、
カラダを動かすことに使われる筋(骨格筋)は、
そのうちの約400です。

一部の例外を除いたすべての骨格筋は、
別々の骨と骨に「関節」を介してつながっています。

ですので、
某海賊王や原始人が食べている美味しそうな肉は、
残念ながら現実には存在しません。

このような構造では、
筋肉はなんの役にも立ちませんよね。

 

■関節が動く仕組み
骨と骨をつないでいる筋肉が縮むことによって、
骨(関節)が動かされるのです。

この「関節が動く仕組み」を理解いただくと、
トレーニングを行う際に大変有用です。

このような構造の解剖について
もっと詳しく知りたい方は、
下記On-line講義をご覧ください!
https://goo.gl/baxa1j


こういったカラダの構造をもとに、
今後は機能的なカラダについてご説明していきます!

END:2018.07.08

END:2020.05.23 archive

カラダのくすり箱トップへ戻る