筋肉をつける為にはプロテイン?(前編)

  • SHARE

山本 真Conditioning Coach

皆様こんにちは。

本日は山本が担当いたします。

 

筋肉をつけていく為には
運動が必須であることは言わずもがなのことですが、
より効率化を目指し、
プロテインを摂取される方も多いかと思います。

 

プロテインと言うとなんだか仰々しく感じますが、
プロテインとはタンパク質のことです。
そしてそのタンパク質を摂取する為に、
サプリメントを利用される方や、
意識して食事から取り入れる方も
いらっしゃることかと思います。

 

タンパク質は筋肉や毛髪を始めとした
カラダの材料となりますので、
効率よく筋肉をつけたい!という場合は、
タンパク質の摂取は効果的です。
しかしもしかすると、折角摂取したタンパク質ですが、
吸収されずにロスしてしまっている可能性もあります。

 

体内での受け入れ体制が整っていないと、
折角食べたり飲んだりしたタンパク質が
十分に吸収されず、
体外に排泄されてしまうこともあるのです。

 

では体内での受け入れ体制を整えるにはどうするか。
それは炭水化物を取ることです。

 

炭水化物にはブドウ糖という糖が含まれており、
この糖が体内に入ると
インスリンというホルモンが分泌されます。

そしてこのインスリンには、
体内に栄養素を取り込もうとする働きがあるのです。
筋肉の中にアミノ酸(タンパク質を消化したもの)を
取り込む働きも持っているのです。

 

いかがでしたでしょうか。
筋肉をつける、ということに関しては、
炭水化物も重要な役割を担っております。
目的に応じて上手に取り入れましょう。

 

次回は
摂取のタイミングについて述べていこうと思います。

 

END:2020.08.11

カラダのくすり箱トップへ戻る