水分補給でコンディショニング

  • SHARE

佐藤 光斗契約Conditioning Coach

皆様、こんにちは!

少し秋めいてきましたが、

まだまだ時々、暑い日がありますね。

たくさん運動したときにはスポーツドリンクを飲む

喉が渇けば水を一気に飲んで喉を潤す。

 

多くの方が行うような水分補給、

果たしてこの水分補給は本当に正しい摂取方法なのか、

本当に正しい水分補給とはどのようなものなのか。

 

今回はこのような水分補給の仕方について書かせていただきます。

 

 

まず、私たちの体は60%が水分でできています。

この体内の水分の働きは

栄養素や老廃物などを運搬してくれる、

体温の調節、さらには細胞が潤っている状態に維持してくれるなど

その役割は多岐に渡ります。

 

最近は1日に水を3リットル飲む

ダイエットや、美容法などを

行なっているということもよく耳にします!

 

ダイエットや美容の目的が無いにしても

このくらいの水分量を取ることは必要だと思います。

 

実は、体内の水分は1日あたり

およそ2~3リットル程度排出されます。

 

 

そのため、

体の外に出て行ってしまう量の水と同じ位の量を

1日に摂取するように心がけてみましょう。

 

普段運動習慣がある方にとっては

水分補給は当たり前のことかもしれません。

 

喉が乾いたら飲む

喉が乾く前に一気に水分を取るなど

水分補給をよくしていらっしゃる方もいるかと思います。

 

今心がけていただいている水分補給を

さらに効率よくするためには

 

まず、水は喉が渇く前に飲みましょう!

喉が乾いているという事はその時点で

カラダが水分不足だと判断しています。

 

なので運動をして喉が渇いたから飲むのではなく

運動をする前にペットボトル半分(250ml)ほどの水分を

摂取してから運動するようにしていただけると

効率の良い水分補給かと思います!

 

ちなみに体の水分量が2%減ると

めまいや吐き気などの脱水症状が現れます。

そうなってしまう前に日ごろから

こまめな水分補給は意識していきましょう。

 

では運動でたくさん出てしまう水分。

それを未然に防ぐために運動する前に

水分を大量に取ってしまえば問題は無いのではないか?

 

答えとしては、

これはあまりよくない水分補給の仕方になります。

 

実はカラダの機能の中には、

水分をいちどにたくさんとると

体液の濃度が薄まってしまうため

摂取した以上の水分を排出しようとする

機能が備わっています。

 

これを自発的脱水とよびます。

自発的脱水を避けるために

運動中でもできるだけ早くこまめな

水分補給をしていただけますと幸いです!

 

さらに、運動中の汗で体内のナトリウムというミネラルも

出て行ってしまいます。

このナトリウムを補うために

水1Lに対して塩2g程度を入れた

塩水を飲むことをお勧めします!

 

 

序盤でもお伝えしたように

体内の半分以上は水分でできています。

水分が足りなくなるという事は

体内の機能低下につながってしまいます。

 

水分補給も立派なコンディショニングの1つなのです。

 

 

少し長くなりましたが

今回は水分補給についてのコラムでした。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

END:2020.09.18

カラダのくすり箱トップへ戻る