ウィンターコラム

  • SHARE

上野 雅之契約Conditioning Coach

コラムをお読みの皆様

こんにちは!

 

本日は上野が担当いたします!

日を追うごとに寒くなり、

いよいよ冬本番も間近になりましたね!

 

今回のコラムでは、スポーツでの防具や道具によって

体の動きが変わる事についてお伝えしたいと思います。

 

今回のテーマはスキーです!

 

結論としてお伝えしたいことは、

スキーには股関節が大切!と言うことです。

 

なぜかというと、

スキーの道具で特徴的なものは

「ブーツとスキー板」であり、

足関節の可動域が大きく制限された中で

動作を行なっています。

 

スキーブーツは、

足関節が14〜20°程度しか曲がらない

構造になっています。

(※競技によって多少異なります)

 

本来であれば、

大きな可動性をもつ足関節の動きが

半分以下に制限されます。

 

関節の動きで考えると、

その隣にある膝関節が

その分を補って動きたくなりそうですよね・・・

 

膝関節は、矢状面の動きである曲げ伸ばしが得意な関節です。

より多くの動きを求められた際には

動きたくない横方向(前額面)や、

捻る動き(水平面)が起きてしまいます。

 

結果として膝関節に負担をかけることになり、

スキーヤーには膝周辺の怪我が多い理由となります。

 

では、このリスクを避けるためには、

どうすれば良いのでしょうか?

その答えが股関節にあると考えています!

 

股関節は関節の形状から、

多方向に動くのが得意な球関節です。

こちらの関節が大きく動くことで、

制限された足関節の動きを補うことが可能になります。

 

陸上では、股関節、膝関節、足関節が

3つ同時に曲がることにより、

地面からの力を得て動作を行うことができます。

 

しかし、スキーを履いた雪上では、

股関節>膝関節>足関節の順に、

可動域が小さくなります。

 

 

仮に股関節が十分に機能していないと、

膝関節に多くの負担がかかると考えられます。

 

特に下半身にのみに的を絞りましたが、

全身運動の中で股関節が正しく動くことで、

スキー動作を機能的にすることが可能になると考えられます!

 

今回のように、道具によって関節の機能が制限されることも

競技の特性として捉えることが出来ます。

 

スキーに限らず、

様々な競技特性の土台になるものが、

コンディショニングと言えます!

 

皆様の目標に向けた、

コンディショニングを習慣にしていきましょう!

 

最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

END:2020.12.15

カラダのくすり箱トップへ戻る
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com