運動と免疫について

  • SHARE

中川 喬平Conditioning Coach

こんにちは。

 

本日のコラムは中川が担当いたします。

 

コロナウィルスの影響は、未だ収まらず、

ワクチン接種は、

国内でも新型コロナウイルスワクチンの接種に向けた準備が急ピッチで進んでいますね。

再度、気を引き締めて感染対策していきましょう!

 

 

今回は、運動が免疫力に及ぼす影響についてです。

 

 

そもそも私たちには、

ウイルスをはじめとしたさまざまな有害物質から

体を守ってくれる「免疫」機能が備わっています。

この免疫力を高く保つためには、

様々なコンディショニングが大事です。

 

 

では、運動によるコンディショニング=フィジカルコンディショニングは

どのようにして免疫力に良い影響を与えるのでしょうか。

 

 

継続的な運動は、

リンパ球の一種であるNK(ナチュラル・キラー)細胞増加させます。

NK細胞は抗体産生を増加させて、

ウイルスやがん細胞を攻撃する働きがあることが分かっています。

 

 

また、免疫力向上という観点からだと、

強度の高い運動は逆に免疫力の低下に繋がってしまうこともあります。

(目安は、ジョギングなら鼻の頭にちょっと汗をかく程度)

なので、適度な運動を継続的に実施することが大事です。

 

 

では、どんな運動がいいの?

という方に手軽に行えるエクササイズをご紹介します。

 

 

しっかり運動して、ウィルスに負けないカラダを作りましょう!

では、また次回も楽しみに!

 

 

END:2021.01.22

 

カラダのくすり箱トップへ戻る
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com