ゲーム業界に学ぶ伝え方

  • SHARE

上野 雅之契約Conditioning Coach

皆様こんにちは!
徐々に冬の匂いがしてきて、
気温の変化も大きくなってきました。
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 

冬のスポーツを行っていた上野ですが、
各地での降雪ニュースにソワソワしながらコラムをお届けいたします!

 

本日はこちらの著書を題材にしています。

 

・伝え方は「順番」がすべて
-分単位のコミュニケーションが心を動かす-
著:小沼竜太

 

「ゲーム」の世界にて、
数々の人気ゲームのプロモーションを行う筆者が
“コミュニケーション”と定義する
プロモーションの「伝え方」を纏めた一冊になっています。

 

 

普段ゲームをあまりしない上野ですが、
多くの人たちを虜にするゲームは
「伝え方」によって、
その楽しさを伝染させている事を学びました。

 

 

昨今は「インターネット」が広く普及し
「デジタルネイティブ」と呼ばれる世代が誕生するほどであり、
意識せずとも日常に溶け込んでいる世の中になっています。

 

本書では伝え方の一つに
【ターゲットという概念から離れる】ことを定義しています。

理由は明確で、
あらゆる情報発信は
不特定多数のターゲットに
情報が行き届いてしまうからとされています。

 

その中でゲーム業界は“テクノロジー”が劇的に成長するとともに
爆発的に飛躍する業界であり、
常に進歩をし続ける業界です。

 

最近では、コンパクトで
画面が綺麗なゲーム機器を数多く見かけます。
コラムをお読みの皆様は、
どのようなゲーム機器で遊んでいましたでしょうか?

 

私はDS (任天堂)を思い浮かべるのですが、
最近は電車の中でもSwitch (任天堂)であったり、
iPhoneを持ってゲームを行っている光景をよく見かけます。

 

このように、テクノロジーが進化すると“端末”が変わります。

 

 

パソコンもテクノロジーに影響を受ける一つであり、
長時間のPC作業も快適になっているかと思います。

座りすぎたな・・・と思った際には、
こちらのコラムを参考にしてください!
https://r-body.com/blog/20200419/5340/

 

 

話は戻り、
飛躍し続けるゲーム業界にも面白い特徴があり
【過去のテクノロジーに属する製品や
プラットフォームは駆逐されない】

 

とされています。


要するに過去の製品も
新作同様に生き続けています。

 

例えば電化製品はそうはいかず、
テクノロジーの変化に大きく左右され、
古いものは処分にお金がかかるほどです。

 

この特徴はR-bodyで行うコンディショニングに類似していて
「コンディショニング」は生涯の財産になり、
価値を失う事がないものと言えます。

 

それは劣る事なく、
変わる事ないカラダの原理原則から導かれ、
健康増進のためのコンディショニングと言えるからです。

 

 

本書の中では【何を伝えればいいのか?】について
名作の「ドラゴンクエスト」をプロモーション例に挙げています。

 

発売当時のファミリーコンピューターを扱うユーザーには
“RPG”と呼ばれる概念事態が
未体験であり未知の領域でした。
(RPGとは架空のキャラクターを演じて進めるゲームの略称)

 

ここに焦点を充てて、
RPGの概念を啓蒙していくことが
プローモーションの中核であり、
後に続くシリーズの起爆剤ともなっていました。

 

コラムをお読みの皆様にとって
“コンディショニング”とは既にご存知かと思われますが、
街角でアンケートを取ったとしたら同じ状況なのかもしれません。

 

 

「身体活動や運動が、
メンタルヘルスや生活の改善、
高齢者の寝たきりや死亡を減少させる事に効果が認められている」
と厚労省でも定義されています。(健康日本21から抜粋)
https://www.mhlw.go.jp/www1/topics/kenko21_11/b2.html

 

 

このように日常に
“運動”という言葉が根強く意味をもち、
実践している中で
“コンディショニング”がもたらす要素が
起爆剤になると確信しています。

 

いかにして皆様の“ライフパフォーマンス”を押し上げ、
人生100年時代を駆け抜け切る切り札を手に入れるのか。

 

こちらを啓蒙すべく、
まずは皆様に最善のコンディショニングを提供していきます!

 

 

本書では分単位のプロモーション
「in minute operation」についても記載されています。

ご興味があれば、ぜひ手に取ってご覧ください!

 

END:2021.11.26

 

カラダのくすり箱トップへ戻る