• 会員予約ページ
  • サービス体験事前アンケート
  • SHARE
  • 講演レポート@静岡県接骨師会

    松野 慶之コンディショニングコーチ

    皆さんこんにちは!

    Coach Yこと松野です!

     

    瞬く間に梅雨が姿を消し、
    気温とサッカーの
    熱気に包まれる今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか?


    さて今回は、
    先日担当させて頂いた
    静岡県接骨師会での講演について書かせて頂きます。

    現在、コンビニよりも多いと言われる接骨院・整骨院。
    その中でも評判が良いとされるお店には、
    それだけの理由があります。

    数回に分けて行われる今回の講演。

    今回のテーマは「治療の前に行われるべき動作評価」についてでした。

    痛みではなく、その原因に目を向け、必要な処置を選ぶ。

    お医者さんが診察をしてからお薬を出すのと同じで、
    適切な評価なしに、適切な治療はあり得ません。

    トレーナー業界には「Knee is Victim」という言葉があります。
    日本語だと「膝は犠牲者である」となります。

    本来、正しく曲げ伸ばしをしていれば痛むはずのない膝ですが、
    隣接する股関節や足首に問題が起こると、

    膝にもストレスが掛かり、痛みを起こす、という考え方です。

    痛む場所ではなく、
    根本原因となっている場所に目を向ける
    重要性を物語っています。

    ご参加頂いた治療家の方々に、少しでもお役立て頂けたら幸いです!

    改めて、静岡県接骨師会の皆さま、ありがとうございました!

     

    松野

    END:2018.07.01

    同じトレーナーが書いた記事はこちら

    同じテーマの記事はこちら

    カラダのくすり箱トップに戻る
    pagetop
    ©️ R-body project CO., LTD. All rights reserved.