いい姿勢だと思われている姿勢について・・・

  • SHARE

今井 陽子Conditioning Coach

みなさん、こんにちは!

本日は今井がコラムを担当いたします。

 

前回は「姿勢が悪いと疲れる?」というテーマで

コラムを書かせて頂きました。

https://r-body.com/blog/20180626/803/

 

今回は前回のコラムで書かせて頂いた悪い姿勢②についてお話いたします。

悪い姿勢②とは・・・腰が反っている姿勢でした。

こちらは背骨の上の方がまっすぐになっているので、
一見いい姿勢に見える姿勢です。

 

背骨は解剖学的に見ると、S字カーブを描いた状態が良い状態です。

背骨がまっすぐな方はフラットバックやストレートネックと

言われたことがある人もいるかもしれません。

 

ヒトの脊柱(背骨)は7 個の頸椎(首の骨)、

12 個の胸椎(胸の骨)、5 個の腰椎(腰の骨)、

そして仙骨、尾骨から成っています。

 

首の骨と腰の骨は生理的に前弯しており、

胸の骨は後弯を示すのが正常であるとされています。

 

この弯曲があることにより、ヒトが立ったり歩いたりする上で

重心を適当な位置にすることができたり、

衝撃を和らげたりするのに役立っています。

 

腰が反っている姿勢だと、腰椎(腰の骨)の一部に過度な負担がかかることがあります。

ここでは体幹トレーニングの種目での正しい姿勢をご紹介します。

 

FB E-T(フロントブリッジ エルボートゥ)
頭からかかとまでが一直線になっている姿勢が正しい姿勢です。

NG例①

こちらは腰が反っています。

 

NG例②

こちらは背中が丸まっています。

トレーニングをしていると、

「胸を張って、でも腰は反らないでください」

と注意されることがあるかもしれません。

 

逆のことを言われているように感じるかもしれません。

 

 

なので、胸を張る意識と腰を反らないようにする意識は半々くらいで

意識するとうまくいく場合があります。

 

FB(フロントブリッジ)で腰を反っていると

立った時の姿勢もこうなってしまいます。

是非鏡を見ながらトレーニングしてみてくださいね♫

END:2018.07.26

カラダのくすり箱トップへ戻る