• 会員予約ページ
  • サービス体験事前アンケート
  • SHARE
  • セミナーレポート 〜マックスポーツ20周年記念特別セミナー実施〜

    荒井秀幸コンディショニングコーチ

    みなさんこんにちは!!

    先日マックスポーツ国分寺店の20周年記念にお招き頂き

    パネルディスカッションやセミナーを実施して参りました。

     

    https://kokubunji.macsports.jp/

     

    マックスポーツ国分寺店は、

    大人のコンディショニングだけでなく、

    ジュニアスクールも実施していて水泳や体育スクール、

    新体操なども教えております。

     

    在籍のトレーナーの方は

    弊社のアカデミーを受けてくださっているので、

    国分寺にお住いの方は是非足を運んでみてください!

     

     

     

    さて、

    本題の当日ですが、

    3人の講師が「コンディショニングとは?」をテーマにパネルディスカッションを行いました。

     

    今回の3人の講師は、

    水泳の日本代表のトレーナーを長年されており、

    現在はパラリンピックの水泳代表のトレーナーをされている小泉さん(写真右)

     

    競泳マスターズの世界記録保持者であり、

    弊社大手町店でもセミナーを実施してくださっているプロスイムコーチの前田さん(写真中央)

     

    小学生の頃に親に無理矢理スイミングスクールに行かされ、
    ほぼ病欠でズル休みをしていた水泳不得意の荒井(写真左)

    になります。

     

    間違いなく、場違いな私。。。

     

     

    まずは

    パネルディスカッションがスタートし、

    いつもR-bodyのお客様が実践しているコンディショニングの重要性をお話しました。

     

     

    今回は水泳に関するお話が沢山出てきましたので、

    パフォーマンスピラミッドのお話をしました。

     

     

    この図はパフォーマンスピラミッドといって、

    人の動作とスポーツのパフォーマンスに関するイメージ図です。

    一番下の土台となる部分が人が「動作」をする上で必要な体の機能です。

    水泳で言えば、

    綺麗なストリームラインを作るために肩や股関節の可動域、

    体幹の安定性が必要になるといったものです。

     

    その上が、

    パフォーマンストレーニングと言って、

    いわゆる筋トレやパワーなどのトレーニング。

    その上に水泳のためのスキルトレーニングがあります。

    基本的にはこのピラミッドの形をしていることが理想ですが、

    特に土台となる「動作」の部分が小さくなると、

    怪我のリスクが高くなったり、

    効果的なトレーニングができなくなります。

    これは競泳選手であっても一般の方であっても同じことが言えます。

    上記のようなお話を私の方ではさせて頂き、

    小泉さんと前田さんには水泳に特化したお話をしていただきました。

    お話頂いた内容はとても目から鱗で、

    受講者の方より私が一番勉強させて頂きました!(笑)
    (もう一度水泳習ってみようかな・・・)

     

     

    その後は、
    各講師別れてセミナーを実施しました。

     

    私は

    「日常生活やスポーツを快適に行うためのコンディショニング実践」

    というテーマで

    先程のパフォーマンスピラミッドの「ムーブメント」動きの重要性についてお話させていただきました。

     

    そして

    最後のメインディッシュは

    プールサイドのスペシャルセッション、

    「泳法分析&解説会」を実施しました!

     

    本セッションでは実際に参加者に泳いで頂き、

    プロスイムコーチの前田さんが水中から、

    小泉さんと私は陸上から泳ぎを観察しお悩みを解決していくという特別コーナー!!

     

     

    またしても場違いな私!!(笑)

     

    とはいえ!
    水泳はプロでなくても

    カラダの機能に関するプロとしてできることを全う致しました!

     

    参加して下さった皆さんのお役に少しでも立てたのであれば幸いです。

     

    参加して下さった皆さん

    お招きして下さったマックスポーツの皆さん

    講師陣の皆さん

     

    ありがとうござました!!

     

    END:2018.07.29

    同じトレーナーが書いた記事はこちら

    同じテーマの記事はこちら

    カラダのくすり箱トップに戻る
    pagetop
    ©️ R-body project CO., LTD. All rights reserved.