八千代会グループの介護職員の皆様との取り組みNo2

  • SHARE

R-body project

皆様こんにちは。

本日は前回に引き続き、

八千代会グループの介護職員の皆様との取り組みNo2をお送りいたします!

(前回コラム:https://r-body.com/blog/20181224/2436/

11月に初回講義を終え、

12月の18日〜19日にかけて2回目の研修を行いました。

今回は、介護職員の方が入居されている方々へ行っていく

機能改善エクササイズの実技研修です!

とにかくこの2日間の研修では、

受講者の皆様ご自身がカラダを動かして頂き、

『運動でご自身のカラダの変化を感じてもらう』

ということを目的とし、取り組んで頂きました。

介護職員の皆様は、

入居者の方々を抱えたり、入浴・排泄の補助をしたりなど

日々、重労働をこなされています。

入居者の方々のサポートをするにしても、

ご自身のコンディショニングが出来ていなければ限界がきてしまいます。

介護職員の皆様が日々の仕事を、問題なくこなせる様に

カラダの使い方を頭だけでなく

ご自身のカラダでも覚えるという事が重要なのです!

今回も、皆様とても意欲的に取り組んでいただけました。

また今回は、いつも研修で利用しているメリィハウス西風新都だけでなく

メリィハウス八千代にも見学に行かせて頂きました。

(八千代会グループHP:http://merry-house.jp/

八千代会グループの施設は、西風新都、八千代ともに素晴らしく、

私の所謂老人ホームと言われる施設のイメージが変わりました。

館内にはイルミネーションや、入居者の方が利用されるレストラン、

カラオケ、図書館、お茶の間、足湯やテラスまで・・・。

入居者様一人一人の暮らしの楽しみを考え、

自分らしくあり続けるために必要な設備が整えられています。

またまた大変厚かましく、

メリィハウスのレストランで食事をさせて頂きました。

とても美味しかったです。

この様な素敵な場所で人生を謳歌するためにも、

やはりカラダの状態はよくなければならないと感じた1日でした。

引き続き、八千代会グループの皆様と研修に励んでまいります!

END:2019.01.19

カラダのくすり箱トップへ戻る