• 会員予約ページ
  • サービス体験事前アンケート
  • SHARE
  • アロマについて

    西原 利来コンディショニングコーチ

     

    はいさい!

    本日は西原が担当いたします。

     

    今回はタイトルにあるように

    「アロマについて」お話をしていきます。

     

     

    皆さんはアロマを使用したことがありますか?

     

    ご自宅に設置したり、

    ハンカチで持ちあるいていたり、

    オフィスで使用していたりと、

    日常の中のどこかで触れ合う機会があるかと思います。

     

    最近ではデュフューザーが良くお店に並んでますね!

     

    今回はそのアロマについて

    それぞれの精油にどのような効果があるのか、

    使用方法についてなどお伝えしたいと思います。

    何故僕がアロマについてお伝えしていくかと言うと、

    実は、学生時代に勉強していて

    アロマの資格を持っております!笑

     

    昨年引っ越した事もあり、

    「アロマを設置しよう!」とノリ気になり、

    学んだことを復習する機会があったので、

    その内容をコラムでお伝え出来ればと思い投稿します。

     

     

    まず初めに

    アロマテラピー(セラピー)について

    ご説明していきます。

    匂いを嗅いだり、肌に塗ったり

    アロマを使用して何かすることを

    アロマテラピー(セラピー)を言います。

    日本アロマ環境協会(https://www.aromakankyo.or.jpでは、

    アロマテラピーは「自然療法」の一つであること、

    植物から抽出した香り成分である精油(エッセンシャルオイル)を

    使って、心身のトラブルを穏やかに回復し、

    健康や美容に役立てる効果があることを伝えています。

     

    また、使用方法も様々です。

     

    ・芳香浴

    →空気中に精油を拡散させる方法

    ディフューザーやアロマキャンドルなどを指します。

    気軽に出来る方法として、ハンカチに精油を垂らしたり、

    マグカップにお湯を入れ精油を垂らす利用法もあります。

     

    ・沐浴

    →浴槽などの湯に精油を落とし、

    皮膚と呼吸器から芳香成分を取り入れる方法

    全身浴は勿論、半身浴、またはフットバスなどの利用法です。

     

    ・湿布、スチーム、吸入

    →芳香浴と沐浴を合わせた方法

    お湯に精油を垂らし、タオルを染み込ませ

    皮膚に精油が当たらないように身体にあてたり、

    熱湯に精油を垂らし、その蒸気を顔に蒸気を当てる方法です。

     

    ・アロママッサージ

    →植物油に精油をブレンドしたマッサージオイルを利用し

    芳香成分を皮膚から取り入れる方法

    通常のマッサージ効果+精油の効果があるので

    授業でお客様役をやった日は

    すぐに眠ってしまい、あまり記憶がありません。

    とても気持ち良かったです。笑

     

    また、各精油ごとに様々な効果があります。

     

    その効果とは・・・・

     

    続きはまた次回になります。

    お楽しみに!!

    END:2019.01.25

    同じトレーナーが書いた記事はこちら

    同じテーマの記事はこちら

    カラダのくすり箱トップに戻る
    pagetop
    ©️ R-body project CO., LTD. All rights reserved.