変形性膝関節症とは?

  • SHARE

西山 幸範契約Conditioning Coach

今回のコラムは西山が担当させていただきます。

 

皆様、

「最近、膝が痛いな。」

「最近、膝がO脚・X脚になってきたな。」

「階段を降りるときに痛いな。」

みたいな症状はないでしょうか。

年を重ねると、

変形性関節症が生じやすくなってきます。

膝が変形することも困りますが、

日常生活で膝が痛いのは、もっと困ると思います。

 

では、

そもそも変形性膝関節症とは

どのような傷害かというと、

 

なんらかのストレスにより

膝関節を構成している組織(軟骨・骨・半月板など)全てが

次第にダメージを受けて変化していく傷害です。

 

40 歳以上の日本人では、

変形性膝関節症の人はは男性 42.6%、女性 62.4%であり、

2人に1人が膝の痛みで苦しんでいる可能性があります。

国内の患者数は 2,530 万人と推定されています。

 

どのような治療法があるかというと、

①手術

②保存療法

があります。

 

①手術は・・・

関節を人工物に取り替える手術や

骨の位置関係を修正する手術などがあります。

 

②保存療法は・・・

痛み止めや注射での対処療法や運動療法があります。

 

R-bodyのコンディショニングコーチが行えることも、

保存療法の中の運動療法です。

 

運動療法の考え方は、

①膝が痛い場面はどのような時か

②膝にどのようなストレスが加われば痛いか

③膝にストレスを与えている原因はどこか

ということです。

 

運動療法により、

O脚・X脚を直すことは難しいですが、

ストレスを軽減することは可能です。

 

例えば、階段を昇る動作を例に挙げてみますと・・・

 

①と②ではどちらが膝に負担が少ないでしょうか?

 

 

 

 

ヒントは、

姿勢とお尻の筋肉です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は・・・

①です!!!

 

そもそも、

筋肉は伸ばしたところから力が発揮しやすいです。

 

イメージは、

ジャンプ動作で立ったままでは高くジャンプできません。

しゃがんで、力をためてから

飛び上がると高くジャンプできます。

 

階段の動作では、

猫背にならずにお尻の筋肉を伸ばすことで

筋肉の力を発揮しやすいです。

 

階段を昇る際に

お尻の筋肉をうまく使えないで動作を行うと、

膝が左右へ動揺したり、

太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)が

過剰に頑張ってしまいやすいです。

そうなることで、膝の周りが痛くなりやすいです。

 

このような状況の場合は、

トレーニングでお尻の筋肉を使えるようになることで、

膝へのストレスが軽減されます。

膝の痛みに悩んでいたら、

運動をしてストレスを分散することが

非常に重要です。

膝の痛みに負けずに

有意義な日常生活を送れるように

トレーニングをしてみましょう!

 

何か、気になる点がありましたら、

いつでも声をかけてください!

全力でサポートします。

 

次回も乞うご期待!!

 

END:2020.09.04

 

同じコンディショニングコーチが
書いた記事はこちら

カラダのくすり箱トップへ戻る