ランニングのパフォーマンスを上げる為には

  • SHARE

宮本 真之助

皆様、こんにちは!

今回のコラムは宮本が担当いたします。

 

本日のテーマは「ランニング」です。

 

R-bodyの会員様には趣味でランニングを、

行われている方が多くいらっしゃいます。

日々、レベルアップのために

トレーニングされている姿が凄くかっこいいです!

(僕も負けていられないですね)

 

ここで皆様に質問があります。

 

皆様、ランニングに必要な動きは何があると思いますか?

 

一見腕振りや腿の曲げ伸ばしなど

縦だけの動作に見えますが、

実は凄く重要な動作が隠されています。

 

それは・・・

 

捻りの動作です!

 

実はランニング動作には胸椎(胸の背骨)、

股関節の回旋動作が起きる事で

スピードアップや正しいフォームで走ることができます。

 

そして今回重要視したいのが股関節の回旋動作です。

 

走る際はお尻の筋肉がエンジンとなって動作を生み出してくれます。

そしてお尻の筋肉は股関節の捻りの動作が入るとより一層使われるので、

動きを習得すれば飛躍的なパフォーマンスアップが期待できるかもしれません!!

 

 

(赤い線の部分が股関節の捻りです)

 

最後に股関節の捻りの動作が入ったエクササイズを紹介します。

 

①Low Oblique Hip IR

 

座った状態で最大限股関節の捻りを出すエクササイズです。

 

②SL Step Up Cross Over With Box

 

 

次は立った状態で股関節の捻りを出すエクササイズです。

 

捻りの動作が上手にできると

ランニングのパフォーマンスが上がること間違いなしです。

 

ぜひ皆様チャレンジしてみてください!!

 

END:2022.01.11

カラダのくすり箱トップへ戻る