おすすめされた本の紹介

  • SHARE

今井 陽子Conditioning Coach

みなさん、こんにちは!
少しずつ暖かくなってきて
春を感じられるようになってきました。
恵比寿店の前にある明治通りも桜が咲き始めました!

 

さて、今回のコラムは本の紹介です。

 

R-bodyでは働いているメンバーが
メンバーへ本を紹介することがよくあります。
「この本よかったよ!読んでみて!」
「この本、今の陽子にピッタリだと思う。読んでみて。」
とプレゼントしてくれる人もいます。

 

本が大好きな私にとっては
感謝でしかありません。

 

実際にカラダのくすり箱にも
多くの書籍が投稿されています!
大手町店には大きな本棚もありますので、
ぜひ読んでみてくださいね!

 

私がメンバーから紹介された本をここで紹介します。

 

まず1冊目。

【ジム通いビジネスマンのトレーニングを10倍楽しくする方法】

こちらはメンバーみんなが読んでいる本です!
スポーツ医学に基づいた、
「整え方の教科書」となっております。
重要なことがたくさん書いてあるのですが、
私は77ページの
「姿勢が悪い限り、コンディションは整わない。」
がとても重要と思っています。

 

本については、
以前大浦コーチが紹介してくれています。
https://r-body.com/blog/20211110/7964/

 

ジムに通っているのに
思っている結果が出ないという方はぜひ読んでください!
R-body会員様は
何かあればすぐにコーチに相談してくださいね!

 

 

そして2冊目。

【心のなかの幸福のバケツ】

こちらの本は入社したばかりのときに
会社にあった本をいただきました。
とても自分に響いた本でした。

 

人は誰でも心に
バケツとひしゃくを持っている。

バケツに水が溢れている時が
最高の状態。

逆にバケツが空のときが
最悪の状態。

バケツに水を注ぐのか、
バケツからひしゃくで水を汲み出すのか。

 

相手に対する接し方を考えさせられる本でした。
今でも大好きでたまに読み返しています。

 

 

R-bodyメンバーは
「承認する」という文化があります。
「提案なき否定はしない」という言葉も
初めて鈴木に会った時に聞いた言葉でした。

否定ばかりされたりすると
バケツから水が汲み出されてしまいますよね。

ただお互いに「いいことはいい、悪いことは悪い」と
言い合う文化もあります。

承認するときは最大限の承認を。

良くないことは良くないと伝え、
一緒に解決する方法を考えます。

この考え方はトレーニングをするときにも
コーチが実施しているかもしれません。

 

3冊目は、

【リッツ・カールトン至高のホスピタリティ】

こちらの本は
中島コーチが誕生日にプレゼントしてくれました。

77ページの「本気のおせっかいはホスピタリティーになる」という

実話を交えたお話があるのですが、
読むたびに心が温まります。

 

自分で言うのもおかしな話ですが、
私がトレーニングのときに、
宿題についてしつこく(笑)話したり、
次回以降の予約を必ず入れてもらうように
伝えるのはおせっかいだとわかっていても
本気で思っていることだからなのだと思いました。

 

R-bodyには
「サポーターであること」
「結果にこだわること」という文化があります。

 

このサポーターであることは、
「相手の成長を本気で考え、
必要なサポートができていること」を指します。

 

先日お客様から「もう○○コーチがいなくても大丈夫だ!」と
セルフトレーニングをできたことを
とても喜ばれている方がいました。

私たちコーチがいなくても
コンディショニングできるようになることは、
その方の人生にとっても
大きな一歩だったのではないかと嬉しく思いました!

 

もちろんお困りの際はいつでも頼ってください!
一人ではできない方に向けても
その方にあっている本気のサポートをいたします!

 

本から学べること、たくさんありますよね。
そして学んだことを
実生活で活かせる環境があることにも感謝です。

 

本日もコラムをお読みいただき、ありがとうございました。

 

それでは、良い1日をお過ごしください!

 

END:2022.03.18

カラダのくすり箱トップへ戻る