メンタルコンディショニング

  • SHARE

山口 和希

みなさん、こんにちは!

 

物だけでなく、
思考までもミニマリズムを好む山口です。

 

『不安』『ストレス』『集中力不足』・・・
コロナによる影響などで
メンタルが整わない時もあることかと思います。

 

カラダのコンディショニングだけではなく、
メンタルのコンディショニングも
並行してやっていきましょう!
ということで・・・

 

今回はメンタルコンディショニングと題して、
『マインドフルネス』について紹介していきたいと思います。

 

マインドフルネスとは・・・

『自分の状態について、しっかりと気付けていること』

今という瞬間に常に注意を向け、
自分が感じている感覚や感情思考を
冷静に観察している心の状態を言います。

 

そのマインドフルネスを高めるために
行うものの1つにあるのが『瞑想』です。

 

瞑想は修行が必要であったり、
長時間取り組まなければいけないもの
と思われがちですが、
1日1分でも継続することにより
効果は実感することができます。

シリコンバレーをはじめとした
ビジネスエリートが、
瞑想体験を求めて数多く日本を訪れている現状が
その効果を物語っています。

 

瞑想の効果は以下のように多岐にわたります。

1.集中力が高まり、仕事、スポーツ、勉強などの効率が上がる

2.ストレスが解消され心が穏やかになる

3.EQが高まり、心が安定する(EQ=航路の知能指数)

4.頭が明晰になり、洞察力が高まる

5.直感力、創造性が高まる

6.思いやり深くなり、人間関係がよくなる

7.内も外も若々しく、美しくなる

8.眠りの質が上がる

9.幸福感が高まる

10.ゆるぎない自信が育まれる

11.影響力、リーダーシップ能力が高まる

12.自分らしい人生を実現できる

 

実施方法としましては、
坐禅を組んで行うことが一般的ですが、
今回はR-bodyのメニューにある
呼吸エクササイズを元にご紹介させていただきます。

 

Breathing 

 

①口から息を吐き、
胸部と腹部が同じだけ下がるようにします。

②口を閉じ鼻から息を吸い、
胸部と腹部が同じ高さまで上がるように吸いましょう。

 

こちらの呼吸トレーニングになります。

吸気5秒-呼気5秒を1分間で繰り返し行っていきます。

タイマーを準備して、無心になって、
目を瞑って呼吸に集中して実施してみてください。

横になるのが難しい方は
椅子に座った状態でも大丈夫です!

 

ですが、継続するのが難しいと感じる方も
いらっしゃることかと思います・・・
(私もその一人で、
瞑想中に寝てしまい継続できなかったことも笑)

 

習慣化のおすすめとして、
if-thenプランニングをおすすめいたします。

「もし(if=イフ)、Xをしたら、その時に(then=ゼン)Yをする」

というルールに則って計画を立てる手法のことです。

・朝起きたら、すぐに1分間のタイマーをセットして瞑想をする

・昼食を食べた後に1分間瞑想する  etc・・・

 

継続することにより効果は出るので、
if-thenプランニングを活用して
メンタルコンディショニングしていきましょう!

 

END:2022.09.06

 

ーーーーーーーーーーーー
店舗情報について
大手町店:https://r-body.com/center/otemachi/
柏の葉店:https://r-body.com/center/kashiwanoha/

体験をご希望の方は
以下のサイトをご確認ください。
https://r-body.com/for_everyone/academy/#trial

カラダのくすり箱トップへ戻る