NASM-PES イントロダクションセミナーのご案内

  • SHARE

お申し込み

お申し込みはこちら


セミナー詳細

【内容】
身体機能向上に必要なトレーニング理論と実践的な内容を網羅するNASM-PESのカリキュラムの中から、「Human Movement Science(人間運動科学概論)※カリキュラム第2章」を用いた、トレーニングアプローチの具体例をご紹介します。

セミナー内にて、NASM-PESオンライン資格取得コース概要についてもお話します。

【対象】
・スポーツパフォーマンス向上はもとより、痛みの改善、ケガの予防にも対応できるようになりたいトレーナー・コーチの方。
・特定の部位ではなく、ヒトが起こす動作のメカニクスを理解したい方。また、運動によって根本的な痛みの問題解決が必要だと感じている治療家の方。

【日程】
1月31日(水)19:00-20:00〜終了〜
2月28日(水)21:00-22:00
3月23日(土)18:00-19:00
※各回内容は同じです。(複数日程の参加可能)

【費用】
無料

【定員】
各回50名

【講師】
関上寅之輔(株式会社R-body)
・R-body 認定コンディショニングコーチ
・NASM-PES / CES

 

 

株式会社R-body について

スポーツ医学の最前線コンセプトをもとに2003年に創設された、ライフパフォーマンスをサポートするトレーナーカンパニー。予防医学に特化したトータルコンディショニングサービスを提供しています。
詳細はこちら
R-bodyの提唱するコンディショニングトレーニングと、“動作を科学する”がコンセプトである
NASMのカリキュラムは親和性が高く、R-bodyは2013年よりNASMとパートナーシップ契約を締結し、日本国内におけるNASMのプログラム展開をサポートしています。

 

NASM(National Academy of Sports Medicine)について

数あるヘルス&フィットネス関連団体のなかで、スポーツ医・科学のエビデンスに基づくプログラム提供を行う草分けの存在であり、フィットネス関係者やストレングス・パフォーマンスコーチ、アスレティックトレーナー、スポーツ医療従事者、そして一般の方にも資格を発行するアメリカ屈指の団体です。 理学療法士であり、NBAのバスケットボールチームのストレングスコーチであったマイケル・クラーク博士によって設立され、機能改善やスポーツパフォーマンスの向上など「機能」に関する内容が多いことが大きな特徴です。

 

お申し込み

お申し込みはこちら

お知らせトップへ戻る
PHP Code Snippets Powered By : XYZScripts.com