R●MAINTENANCEのご利用方法について

  • SHARE

R-body project

今回はR-bodyのサービスの一つである

R●MAINTENANCEのご利用方法についてご紹介します。

 

R●MAINTENANCEでは主に2つご利用方法があります。

①痛みのある患部へのアプローチ

②機能不全へのアプローチ

上記の2つがあります。

(本サービスは提携をしている株式会社ケッズトレーナーのスタッフの方が担当してくださっています。
https://r-body.com/consulting/ks-trainer/

 

今回は、②についてのご利用方法を紹介致します。

『慢性の腰痛』や『肩こりで頭がいたい』

この『慢性の腰痛』や『肩こり』は

どこかの関節の機能不全が起きてしまっているために

痛みが起こると言われています。

痛みの原因は、患部にないことがほとんどです。

R-bodyでは正しいカラダの機能を取り戻すために

運動指導をしています。

機能不全の原因が

「自分でカラダを動かす」という

神経とカラダのコントロールの問題であれば

運動で改善されます。

機能不全の原因が

筋肉のかたさの問題であれば

より運動を効率よく、また効果的にするためには

R●MAINTENANCEがおすすめです。

R●MAINTENANCEでは

どこの筋肉や関節が原因で痛みや、

機能不全が起きてしまっているのかを

正しい評価をもとに適切な治療をしてくださいます。

 

 

重複しますが、

痛みの原因は、患部にないことがほとんどです。

そのため「痛い、硬い」その部位を

治療するだけではなく

その「痛みや硬さ」を引き起こしている

根本原因となる関節や筋肉もあわせて治療をします。

そのため、

R●MAINTENANCEでの評価方法は

患部だけの評価だけではなく、

全身動いてもらいながら、評価をしています。

『トレーニング前に

R●MAINTENANCEを受けた方がいいですよ!』

と、トレーナーから

アドバイスされたことがある方も

いらっしゃるかと思いますが、

理由は、トレーニングを

より効率よく効果的に実施するためです。

R-bodyでは正しいカラダの機能を

取り戻すために運動指導をしています。

R●MAINTENANCEでは

そのカラダの機能を取り戻すために

制限となっている痛みや硬さを

正しい評価のもと、適切な治療をしてくださいます。

トレーニングをより、効率よく効果的に実施するためには

ぜひR●MAINTENANCEをご利用ください。

 

 

 

END:2018.10.07

 

カラダのくすり箱トップへ戻る