• 会員予約ページ
  • サービス体験事前アンケート
  • SHARE
  • 【分離と協同を更に詳しく その3】

    関上寅之輔コンディショニングコーチ

    【分離と協同を更に詳しく その3】

    以前のコラムで、分離と共同を以下のように説明しました。

    https://r-body.com/blog/20180911/1511/

    ーーーーー以下抜粋ーーーー

    分離と協同とは、

    動作時の関節運動において、

    各関節の主な役割を「動かす関節」と、

    「安定し、動きの土台となる関節」

    の2種類に分ける。(役割を分離する)

    そのうえで、

    それらを同時にコントロールする。

    (協同させる)

    と説明できるのです。

    ーーーーーーーーーーーーーー

    https://r-body.com/blog/20180817/1286/

    このように、各関節の役割分担をし、

    同時に協同させる事が必要ということでした。

    本日は、主要な関節が

    どちらの役割分担に適しているのか、

    joint by joint Theory

    (ジョイント バイ ジョイント セオリー)

    という考え方を用いて紹介します。

    joint by joint Theoryとは、

    アメリカの著名な理学療法士であるGlay Cook氏と、

    Strength CoachであるMike Boyle氏が

    その骨子をまとめたコンセプトです。

    R-bodyの代表である鈴木も、

    10年以上前からそのコンセプトに共感し着目していました。

    その内容を簡単に解説すると、

    人間の主要な関節は、

    Mobility joint「動かすのに適した関節」と、

    Stability joint「安定させておきたい関節」

    がジグザクに並んでいる。

    という考え方です。

    例えば、

    股関節は「動かすのに適した関節」

    腰(腰椎骨盤帯)は「安定させておきたい関節」

    胸椎(腰よりも上の背骨)は「動かすのに適した関節」

    と言った具合となります。

    全身の関節が、

    だいたいこんな感じに役割分担を担っている。

    ということをイメージして運動を行うと、

    スクワットをして腰が痛くなるのは、

    足首に問題があるかもしれない…

    というイメージが持てるようになってきます。

    次回はそのあたりを詳しく説明していきます。

     

    分離と協同を更に詳しく その4

    https://r-body.com/blog/20181112/2073/

     

    END:2018.10.23

    同じトレーナーが書いた記事はこちら

    同じテーマの記事はこちら

    カラダのくすり箱トップに戻る
    pagetop
    ©️ R-body project CO., LTD. All rights reserved.