• 会員予約ページ
  • サービス体験事前アンケート
  • SHARE
  • 入浴の効果

    小野寺未来コンディショニングコーチ

    みなさん、こんにちは!

    最近朝は寒くて、日中は暖かったりと、気温差のある日が増えてきておりますが、体調等は崩されていないでしょうか。

     

    本日は、そんな時期だからこそ「入浴」についてお話ししたいと思います。

     

     

     

    みなさん、お風呂はシャワーで済ませますか?湯船につかりましか?

    (私は湯船につかる派です!笑)

     

    忙しくて、シャワーで済ませてしまうという話をよく聞きます。

    しかし、「湯船につかると良い」ということもよく聞きます。

     



    なぜ湯船につかる(入浴する)ことが良いのでしょうか。

     

     

     

    入浴には3つの効果があると言われています。

     

    • 温熱効果

    体を温める働きのことです。

    少しぬるめの湯温での入浴には鎮痛作用があり、筋肉などの組織をやわらげ、体を動きやすくする効果があります。

    また、自律神経の交感神経系が優位になり、血管が徐々に広がり、血流が良くなります。それにより体内の老廃物や疲労物質の除去をし、疲労や痛み、こりなどを和らげることができます。

     

     

    • 水圧効果

    体にかかる水の圧のことです。

    お湯につかると、体の表面だけでなく、皮膚の下の血管などにまで大きな圧力が加わるというわけです。その圧力で、手足にたまった血液が押し戻されて心臓の働きが活発になり、血液やリンパの流れをよくします。

     

     

     

    • 浮力効果

    プールや海に入ると体が浮くように、湯船でも浮力が働いていて体重を軽くなります。空気中に比べると水中での重さは普段の約10分の1になります。

    そのため、体重を支えている筋肉や関節を休ませることができ、体全体の緊張がほぐすことができます。

     

     

     

    寒い日が増えてきました。

    シャワー派のみなさん

    ご自身のコンディションを整えるために、たまには入浴をしてみてください!

     

    それでは!

     

    END:2018.11.09

     

    同じトレーナーが書いた記事はこちら

    同じテーマの記事はこちら

    カラダのくすり箱トップに戻る
    pagetop
    ©️ R-body project CO., LTD. All rights reserved.