• 会員予約ページ
  • サービス体験事前アンケート
  • SHARE
  • 第1回 スポーツメディスンコンディショニングフォーラム

    吉田 味加コンディショニングコーチ

    みなさま、こんにちは!

     

    本日は吉田が担当します。

    今回のコラムは先日行われたフォーラムについてのご報告です!

     

    先日、東京の千代田区にあるイイノホール&カンファレンスセンターで

    「第1回 スポーツメディスンコンディショニングフォーラム」という

    ディスカッションフォーラムが開催されました。

     

     

    このフォーラムでは

    整形外科の医師や、スポーツドクター

    理学療法士、そしてトレーナーが全国各地から集まり

    患者やクライアントに対しての運動療法の重要性

    ’’積極的保存治療’’について熱いディスカッションが繰り広げられていました。

     

    受付を開始した直後にご予約がいっぱいになったとか・・・

     

    私自身、ドクターや理学療法士の方が

    集まるフォーラムで講演を聴講したのは初めてだったので

    とても有意義な時間となりました。

     

    そこで、私たちR-body projectは

    ブースを出展し「R-bodyが考えるコンディショニング」を

    広める活動をしてきました。

     

     

    フォーラムでは、弊社代表の鈴木が

    スポーツドクター、理学療法士、トレーナーと役割がある中で

    トレーナーの立場としての話をいたしました。

    名目は【腰痛をどう診て、どう対処するか?〜トレーナーの立場から〜】

    この話を聴いて私は、改めてトレーナーとしての関わり方や

    ドクター・理学療法士との連携、また病院への橋渡しとしての可能性を感じました。

    東京オリンピック2020に向けて大切な1日になりました。

    ご覧いただきありがとうございます。

    それでは、また!

    END:2019.01.22

    同じトレーナーが書いた記事はこちら

    同じテーマの記事はこちら

    カラダのくすり箱トップに戻る
    pagetop
    ©️ R-body project CO., LTD. All rights reserved.