• 会員予約ページ
  • サービス体験事前アンケート
  • SHARE
  • アロマについて②

    西原 利来コンディショニングコーチ

    はいさい!

    本日は西原が担当いたします。

    今回は前回に続いて第二弾!

    アロマについてより深くお伝えしていきます。

    アロマ第一弾の投稿はこちらからご覧頂けます↓

    https://r-body.com/blog/20190125/2640/

    前回お伝えした内容を振り返ると、

    ・そもそもアロマとは何か

    ・具体的な使用方法

    をご紹介させて頂きました。

    その内容を踏まえて今回は、

    実際に精油の香りが心と体に作用する

    メカニズムについてお伝えします。

    ①鼻から入ると直接刺激が脳に伝わる

    鼻の奥に嗅上皮(きゅうじょうひ)という

    粘膜があります。

    鼻からにおい物質が入ると、

    嗅上皮に溶け込み感知されます。

    感知されると、嗅上皮にある細胞(嗅細胞)が

    電気信号を出し、嗅細胞、嗅球、脳へと

    伝達することにより、におい感覚(嗅覚)が

    起きると言われています。

    ②肺に入ると血流に乗って全身にめぐる

    呼吸によって鼻や口からとり込まれた

    芳香成分は一部気管や気管支から

    肺に入ります。

    肺から肺胞という細胞から血管を通って、

    吸収されて血液中に入り全身にめぐって

    各組織や器官に届きます。

    そのため、抗菌作用や殺菌作用のある精油を

    吸入することで器官を清潔に保ち、

    風邪やのどのトラブルの防止にも繋がります。

    ③皮膚から浸透すると血管に入り全身へ巡る

    皮膚は、表皮、真皮、皮膚組織から

    構成されています。

    マッサージや入浴など

    皮膚に塗布された芳香成分は

    表皮を通過し、皮膚の真皮から

    毛細血管やリンパ管入ります。

    その後全身をめぐり組織影響を与えます。

    ある実験によると、

    芳香成分が血液中から検出されるまで、

    精油を使ってから5分後という結果も出ています。

    使用してから5分後というのは驚きですね・・・。

    では実際にどの精油にどんな効果があるのか、

    自分に合う精油はなにか、

    と考える方も多いと思うのですが、

    実は自分に合う精油の探し方は簡単です!

    その日の調子によって

    自分の好きな匂いが変わります。

    「あ、この匂いいいな!」と思う精油があれば

    その精油の効果について

    ネットで調べてみるのがおすすめです!

    求めている匂いによって

    その方の体の調子が分かります。

    とはいえ、

    多数の精油を一つ一つ嗅ぐのは大変なので(笑)

    今回はどの方にもおすすめの精油をご紹介します!

    グレープフルーツ

    心への働き

    ①気持ちを高揚させ元気にし、幸福感を与える

    ②沈みがちな気持ちを明るくリフレッシュさせる

    体への働き

    ①体内脂肪の燃焼を促す

    ②デオドランド効果で汗の匂いを抑える

    ローズマリー

    心への働き

    ①脳に刺激を与え、集中力・記憶力を高める

    ②眠気を覚ます

    体への働き

    ①頭痛、偏頭痛、軽いめまいをやわらげる

    オレンジ・スイート

    心への働き

    ①気分を明るく元気にし、不安を取り除く

    ②緊張やストレスを和らげる

    体への働き

    ①消化不良や食欲不振、便秘などを改善する

    ②空気を浄化するので、風邪対策として有効

    アロマを使用されている方はご存知ですが、

    相性のいい精油同士は合わせて使用する事も可能です。

    是非、皆さんも自分の好きな精油を見つけ、

    素敵なアロマライフを過ごされてみてはいかがですか。

    END:2019.02.06
       

    同じトレーナーが書いた記事はこちら

    同じテーマの記事はこちら

    カラダのくすり箱トップに戻る
    pagetop
    ©️ R-body project CO., LTD. All rights reserved.