• 会員予約ページ
  • サービス体験事前アンケート
  • SHARE
  • 「亜細亜大学経営学部ホスピタリティ・マネジメント学科 スポーツ・ホスピタリティコース講師実施報告②

    酒井 正洋コンディショニングコーチ

    前回に引き続き、

    亜細亜大学経営学部のホスピタリティ・マネジメント学科

    スポーツ・ホスピタリティコースの学生の皆さん実施した

    「スポーツ研修I」の後半をご紹介します。

     

    前半はこちらから↓

    亜細亜大学経営学部ホスピタリティ・マネジメント学科 スポーツ・ホスピタリティコース講師実施報告①

     

    研修の3日目は、R-bodyが担当させて頂きました。

    研修では、将来自分一人でコンディショニングから

    筋トレ、クールダウンのストレッチができるようにトレーニング指導をしました。

    初めて行う動作が多く、皆さん悪戦苦闘しながらも頑張ってくれました。

     

    また、R-bodyで大切にしている

    「伝わるように伝える、トレーナー向けのコミュニケーションスキル」の

    Reach program研修も実施し、体験型サービスを提供しているトレーナーには

    顧客からどのような期待を求められているか?

    そして、その期待を超えるためには、どのような心構えを持って

    コミュニュケーションを取るべきかをお話しさせてもらいました。

    研修最終日は、クラブビジネスジャパンの岩井様に

    「世界のフィットネスサービストレンド」と題して、

    世界の最先端フィットネスサービスやAIを用いた

    サービス事例のご紹介などをして頂きました。

     

    最後には4日間の研修を踏まえ、

    まだ世の中にない新しいフィットネスサービスのアイデアを考え、

    プレゼン発表をしました。

    今回の研修にあたりご協力くださりました、
    株式会社ティップネス様、株式会社カーブスジャパン様、株式会社クラブビジネスジャパン岩井様、誠にありがとうございました。

    亜細亜大学スポーツ・ホスピタリティコースの皆さんの今後のご活躍を心よりお祈りしております。

     

    END:2019.03.26

    同じトレーナーが書いた記事はこちら

    同じテーマの記事はこちら

    カラダのくすり箱トップに戻る
    pagetop
    ©️ R-body project CO., LTD. All rights reserved.