私のオーストラリア旅行記③

  • SHARE

今井 陽子Conditioning Coach

本日のコラムは今井が担当します。

ジメジメしているこの季節、みなさん元気に過ごされていますか?

 

前々回に引き続き、初海外・初一人旅についてお届けいたします。

 

1回目は準備が大事!という話でした。

※私のオーストラリア旅行記①はこちらから!
https://r-body.com/blog/20190323/3173/

2回目はMy Wish Listを叶えた♬という話でした。

私のオーストラリア旅行記②はこちらから!
https://r-body.com/blog/20190413/3359/

 

オーストラリア2日目はMy Wish Listの1つである

“エアーズロックに登る”を達成すべくエアーズロック コネランク空港へ!

 

 

ゴールドコーストからはシドニー空港と

アリススプリングス空港を経由していきました。

 

 

ゴールドコーストとは打って変わって砂漠地帯!

 

赤土の大地が広がっていました!

 

 

現地では、日本語ガイドツアーに参加しました。

バスの中ではエアーズロックについて話を聞きました。

 

エアーズロックは現地の人は”ウルル”と呼ぶそうです。

私は知らなかったのですが、”ウルル”が正式な呼び名だそうです!

 

先住民族アボリジニの文化の価値が認められ、

ユネスコ世界遺産に複合遺産として登録されました。

そのため今ではアボリジニの伝統を尊重し、彼らが古くから使っていた

「ウルル」を正式な呼び名としているそうです。

 

 

ウルルの全長は348mあり、

1周するのに3時間半~4時間半かかります。

 

 

カタジュタと呼ばれる岩を見たのですが、

アナング族が使う数字は1.2.3しかなく、

4以上はジュタというそうです。

 

 

カタジュタというのは、

カタ=頭

ジュタ=たくさんある

という意味で、36個でできています。

 

 

ウルルはノーザンテリトリー、ウルル=カタ・ジュダ国立公園内にある、

世界で2番目に大きい一枚岩です。

ちなみに一番大きいのは、

同じくオーストラリアのマウント・オーガスタス国立公園にあるマウント・オーガスタスだそうです。

 

 

カタジュタを見た後は、ついにウルルへ!

日が暮れていくウルルをシャンパンを飲みながら見ていました。

 

 

現地には一人で参加されている方、家族で参加されている方がいて

皆さんとお話しして仲良くなることができました。

 

これも旅の醍醐味ですね!

 

 

夜は見たことがないくらいの星がたくさん見えて、

天の川まで見えました!

写真におさめることはできませんでしたが、

私の思い出の一つに残っています。

 

実はこの星空が一番オーストラリアに行ってよかったと思ったことかもしれません!

 

 

 

今回で私のオーストラリア旅行記は最終回になります!

お付き合いくださりありがとうございました。

みなさま、本日も良い一日をお過ごしください!

 

END:2019.06.21

 


Warning: array_shift() expects parameter 1 to be array, bool given in /home/rbody/r-body.com/public_html/wp-content/themes/r-body/single-blog.php on line 134
カラダのくすり箱トップへ戻る