• 会員予約ページ
  • サービス体験事前アンケート
  • SHARE
  • 人間の身体の仕組み(骨編)

    市橋 洋大コンディショニングコーチ

    皆様、こんにちは。

    美味しいご飯とスポーツが大好きな市橋が担当いたします!

    さて最近、トレーニングをしていると

    人間の身体はなんて神秘的なんだ・・・と

    感じることが多々あります。

    そこで本日は、「人間の身体の仕組みや構造」について

    書いていきたいと思います!

    (出典:筋肉と関節のしくみが分かる辞典)

     

    第1弾は・・・・・ ” 骨 ” について!

    さて、皆さんは自分の身体に骨が何個あるかご存知でしょうか?

    実は人間の身体の骨は、全部で約200個ほどあるんですね!

    さらに、生まれた時は約300個ほどあります!

    これは大人になるにつれて離れていた骨が

    成長とともにくっついていくため、最初は骨の数が多くなっています。

    (膝のお皿の骨は最初3つに分かれているんです!!!)

    そんな骨には身体の支柱となることや

    内臓や脳を保護するといった役割はもちろんですが、

    栄養素の貯蔵、造血作用もあって骨の大事な役割となっています。

     

    その骨には筋肉や腱が付着し、骨と骨は関節で繋がっています。

    脳からの指令で筋肉が収縮し、骨が引き寄せられ関節が曲がるため、

    身体の各関節が動くという構造になっています。

     

    詳しくお話をしてしまうと、長くなってしまうので本日はここまで!

    それではまた!

    END:2019.08.17

     

    同じトレーナーが書いた記事はこちら

    同じテーマの記事はこちら

    カラダのくすり箱トップに戻る
    pagetop
    ©️ R-body project CO., LTD. All rights reserved.