• 会員予約ページ
  • サービス体験事前アンケート
  • SHARE
  • 「REACH/シンプル・ショート・クリアーに伝えること」

    酒井 正洋コンディショニングコーチ

    R-bodyトレーナーは

     

    コンディショニング指導をする際、

     

    クライアントに「伝わるように伝える(REACH)」ことを

     

    意識して指導しています。

     

    そのために私たちは自社で開発した、

     

    トレーナーのための

     

    コミュニケーションプログラム「Reach program」を学び、

     

    プログラムにある指導インストラクションの手順

     

    に則って指導をしています。

     

    今日は、指導インストラクションの手順の

     

    一部をご紹介します。

     

     

    1つのトレーニング種目を指導する時に、

     

    指導者の皆さんはどのようなことを伝えてから

     

    クライアントにトレーニングを

     

    実施してもらっていますでしょうか?

     

    私たちは、トレーニング前に

     

    以下の項目をお伝えしています。

     

    (クライアントにトレーニングを実施してもらう前にお伝えする内容です)

    1. 実施するトレーニングを伝える

     

    →これから実施するトレーニングは何か?をお伝えします。

     

    「今からスクワットというトレーニングを実施します。」

    1. 理由を説明する

     

    →そのトレーニングはなぜ行うのか?の理由を説明します。

     

    「〇〇さんは股関節を正しく折りたためることができず、

     

    代わりに腰を曲げる動作になってしまっていることが

     

    腰痛の原因になっています。

     

    スクワットを実施することで、

     

    正しく股関節を折り曲げるカラダの使い方を習得してもらいます。」

    1. Goalイメージを見せる

     

    →正しいお手本の動作をお見せします。

     

    「正しいスクワットの動作をお見せします。」

    1. 動作のポイントを伝える

     

    →そのトレーニング動作の大切なポイントをお伝えします。

     

    「しゃがんだ時に、頭からお尻までが

     

    一直線になるように姿勢を作ってください。」

    1. 実施上の注意点を説明する

     

    →実施する時の、注意点をお伝えします。

     

    「しゃがんだ時に、

     

    背中や腰が丸まらないように注意してください。」以上、5つの項目を

     

    トレーニング実施前にお伝えするようにしています。

     

     

    指導練習の時は、

     

    インストラクションが手順通りできていたかを

     

    第三者視点(黒豚様)からフィードバックをもらい、

     

    指導の振り返りもしています。

     

     

    これからも伝わるように伝えられるよう、

     

    精進してまいります。

     

     

     

     

     

     

    END:2019/12/10

    同じトレーナーが書いた記事はこちら

    同じテーマの記事はこちら

    カラダのくすり箱トップに戻る
    pagetop
    ©️ R-body project CO., LTD. All rights reserved.