• 会員予約ページ
  • サービス体験事前アンケート
  • SHARE
  • 私の好きな本について⑤

    真田 貴弥コンディショニングコーチ

    皆さんこんにちは!

    真田です。(自称R-body読書愛好会の会長でございます)

    本日も私の好きな本に書かせて頂きます。

    「ずるい考え方~ゼロから始めるラテラルシンキング入門」

    著 木村尚義

    「ずるい」を相手を不快にさせて自分が得することではなく、

    発想の転換を解説してくれる内容でした。

    ありふれた物や日々当たり前に起きている出来事を

    ムダと感じるのか、今後の人生に活かすかを

    考えさせるきっかけをくれる本でした。

    考える時は、仕事でもプライベートでも

    ロジカルシンキングで考えることが多い、

    またはそれが当たり前になっておりました。

    クライアントの満足度を高めるにはどうしたら良いか?

    どうやったらもっとたくさんの人がR-bodyに来てくれるか?

    大手町という町にはどのくらい企業があり・・

    R-bodyを認知していただくには、、マーケティングの考え方でいうと・・

    上記のような思考回路を常日頃から無意識に使っていました。

    ラテラルシンキングは、

    「こうでなければいけない」

    「これが常識だ」という前提を取っ払って、

    アイディアを考えることを教えてくれました。

    本の中の事例

    1、

    器を使ってアイスクリームを売っていたお店が、

    器が無いとアイスを売れないと悩んでたが、

    その隣でお菓子を売っていたお店に、

    お菓子を加工してアイスを乗せれる形にして売り出した。

    それがアイスクリームコーンの始まりである。

    2、

    茹でたソーセージを紙にくるんで売っていたが熱くて持てない。

    それならパンに挟んで売ればいい。

    それがホットドックの始まりである。

    など。

    凝り固まった先入観や固定観念を取っ払って物事を考えると、

    新しい発想が出てきそうです。

    正しい動作、正しいトレーニングができてないと

    電気が流れる道具とか作りたいですね!

    トレーナーの指導がなくても強制的にできるようになるかもしれません。笑

    真田

    2020.03.08

    同じトレーナーが書いた記事はこちら

    同じテーマの記事はこちら

    カラダのくすり箱トップに戻る
    pagetop
    ©️ R-body project CO., LTD. All rights reserved.