膝の関節はどういう構造?

  • SHARE

西山 幸範契約Conditioning Coach

皆さん、膝の痛みで困っていませんか?

年齢・性別関係無く、

少なからず膝の痛みを経験したことがあるのでは無いでしょうか。

膝関節の痛みで困っている方に、

「なぜ、自分は膝が痛くなるのか?」

「この動きをするから、膝のこの部分が痛くなりやすいのか!」

など、膝の関節に関して学びを提供します。

 

今回は痛みの原因の前に、

膝とは何か?

どのような動きが正常なのか?

というところを簡単に説明させて頂きます。

 

膝関節といっても関節が2つあります。

1.太ももの骨(以下:大腿骨 だいたいこつ)と

すねの骨(以下:脛骨 けいこつ)からなる脛骨大腿関節

2.大腿骨とお皿(以下:膝蓋骨 しつがいこつ)からなる膝蓋大腿関節

膝を構成する骨は大腿骨・膝蓋骨・脛骨・腓骨の4つです。

  

膝関節は大腿骨の凸面と脛骨の平面で構成されているため、

靭帯・関節を包む膜(以下:関節包)と半月板、筋肉によって安定性を得ています。

 

膝関節をまたぐ筋肉は

大腿四頭筋、ハムストリングス、薄筋、膝窩筋、縫工筋、腓腹筋、大腿筋膜張筋があります。

これらの筋は膝関節を動かすのはもちろんですが、

膝関節を安定させる仕事があります。

 

膝関節をまたぐ筋肉の約2/3は股関節・膝関節を跨いでいるため、

股関節・足関節の位置の影響を受けやすいです。

靭帯とは関節を跨ぎ、過度な運動から関節を防御するための組織です。

 

膝関節にも靱帯が多数存在していますが、

代表例としては前十字靭帯・後十字靭帯・側副靭帯です。

半月板の主な機能は脛骨大腿関節での圧力の分散、

運動中の関節安定化です。

膝関節の動きは、

脛骨大腿関節の運動は、曲げ(以下:屈曲)伸ばし(以下:伸展)と

捻る(以下:外へ捻る際は外旋、内へ捻る際は内旋)動きです。

屈伸の動きは、一般的に健全な膝関節であれば

屈曲130°~150°、伸展は0°~10°です。

回旋の動きは膝屈曲位で生じやすく、

膝関節が完全伸展すると回旋は最大限に制限されます。

大腿骨は屈曲・伸展の際に、

膝が軸で動けるように滑りと転がりの運動を行います。

可動性が不十分な膝はこれらの動きが出にくいことで、

膝の詰まり感や違和感につながるとも言われています。

 

膝蓋大腿関節は上下運動が中心に起こります。

この動きが生じないことにより、膝前面の突っ張り感が出やすいです。

膝関節というと脛骨大腿関節をイメージされやすいですが、

膝蓋大腿関節も重要な関節です。

 

膝関節の構造と動きを理解することで、

基本から逸脱した動きがどのような動きかを理解することができ、

膝関節の痛みを出現させないための

コンディショニングに繋がる可能性があります。

 

ぜひ皆様も自分の膝が

どのような動きをしているかを確認してみてください。

日常生活・トレーニングの中で、

楽しく体のことを学んでいきましょう!

何か気になる点がありましたら、

いつでも声をかけてください!

全力でサポートします。

次回も乞うご期待!!

END:2020.08.07

同じコンディショニングコーチが
書いた記事はこちら

カラダのくすり箱トップへ戻る