お客様の声Vol.20 手術前の運動の大切さについて

  • SHARE

今井 陽子Conditioning Coach

みなさん、こんにちは。
本日のカラダのくすり箱は今井がお送りいたします。

 

本日はR-body歴7年で現在、86歳のM様のお声をご紹介します。

M様は入会当初、以下のようなお悩みをお持ちでした。
・両膝変形生膝関節症で、お医者さんからは変形が進んで、
半月板や軟骨も痛んでいるから、いずれ人工関節と言われている。
・ドクターからは左の方が悪いのでは、と言われているが
右の方が曲がらないので痛い。
・ゴルフを長年やっているのでこれからも続けたい。

 

M様は若い時からスポーツを色々やられており、
今でも続けられています。

筋力をつけ、体重を落とすことで、
膝への負担を軽減したい
という望みを持ってR-bodyへご入会されました。

 

昨年人工膝関節の手術が決まり、
前向きにトレーニングをされてきました。

右の膝の手術をした1ヶ月後には左の膝の手術をされたそうです。
通常は、両足行うと歩行が難しくなるので、
半年〜1年後くらいに反対側の脚の手術をすることが多いです。

M様は手術の時に85歳でしたが、
1ヶ月経たないうちに右膝130度曲がるようになっており、
まっすぐ立てるようになっていました。

 

「トレーニングを続けてきたことで術後の回復が早かった」とおっしゃられていました。
M様は手術前のトレーニングの大切さを
何度も話してくれました。

私自身も大きな手術をしたことがあるので、
手術前にカラダを鍛えていることは
早期回復には必須なことだと思っています。

 

「スクワットの正しいやり方をR-bodyで教えてもらっていたので
術後のリハビリも何も問題なかった。
R-bodyに通っていた意味が本当にあったと感じている。
手術前トレーニングのおかげで最初から膝が60度くらい曲がった。
他の人はそこまで曲がるまでに時間がかかると先生に言われた。」
とのことでした。

 

効果を実感していただけて嬉しい限りです。
M様が普段どんなトレーニングをされているのか少しだけご紹介します!

・体幹のトレーニング

 

・バランスのトレーニング

 

・ゴルフのための回旋トレーニング

とても86歳には思えない動きです!

 

このような成果を感じていらっしゃいます!

・ひざの手術をしても順調
・リハビリも大変じゃなかった
・この歳でも訓練すればここまで進歩する
・歯医者で寝る時に腰が痛くなくなった

M様は「私の年齢でもこんなに良くなれるし、
手術をする前は誰しも怖いと思うので、
この記事を見て『私も大丈夫だ!』と思ってもらえたら嬉しい。」
ということで今回コラムに掲載することを快諾してくれました。

 

「元気でいられるのはR-bodyのおかげです」とも
おっしゃってくださり、とても嬉しい一言でした。

 

コラムをお読みの皆様で、R-bodyのトレーニングが
気になっていただけた方は体験も実施しています!
https://r-body.com/for_everyone/academy/#trial

何か相談したいことがありましたら
お気軽に店舗にお電話ください。

 

END:2021.11.25

 

カラダのくすり箱トップへ戻る