R-Conditioning Coach養成講座 受講生の声 vol.6 後編

  • SHARE

大浦 拓也上級Conditioning Coach

R-Conditioning Coach養成講座 受講生の声 vol.6

柏原大真さんのインタビュー後編です。

前編はこちらからからご覧ください。
https://r-body.com/blog/20200701/5637/

R-body大浦:
柏原さんの今後の展望を聞かせていただけますか?

柏原さん:
トレーニングの楽しさや国際交流に役立てればと考えています。
海外から日本に帰ってきたときに日本が疲れているように感じ、
トレーニングを通じて日本を元気にしたいと思いました。

トレーニング自体は手段でしかないと思っています。
人生を健康で痛みがなく楽しむための。

僕ら田舎だとずっと車に乗っているので
下半身が弱ってしまっている方が多いです。

フィットネスクラブに勤めていたときも
In-body(体組成計)を測ると95%くらいの人は下半身の筋力不足と数値が出ていました。

地方の方はパーソナルトレーニングっていうと
何それ?って感じですよ。
東京に比べ高所得収入世帯は多くないと思うので
費用を抑えるためにも最初だけパーソナルトレーニング受けてもらって
その方に合った正しい運動方法を学んでもらうのが良いかなと思っています。

体だけ鍛える時代は終わりました。
頭まで鍛えないとですね!


柏原さんは大好きな国際交流・旅・サーフィンを求めて人生を変える覚悟でバリ島へ旅立ち、
帰国後日本をもっと元気で国際色ある場にしたくPower of Bali を設立されました。

R-body大浦:
なるほど。
これからはカラダを整えるというコンディショニングが求められてますね。

柏原さん:
でも、皆さん気づいていないと思いますよ。
やっぱり体が悪くなって初めて気付くんだと思います。

家族にもS・O・A・P®︎コースで学んだ動作テストを実施してみましたけど
全然できませんでした。

実際に動いてみて、
そこで初めてできないということに気付くのだと思います。
肩関節が180度上がるなんて一般の人知らないですからね。

なのでS・O・A・P®︎のようなカラダの現状把握するための
動作テストを受けることも重要だと思いました!

R-body大浦:
柏原さんありがとうございました!
静岡に住まれている皆さんのコンディショニングを
宜しくお願いします!


一緒に学んだ同志との集合写真

今回インタビューにご協力いただいた
柏原 大真 (HIROMASA KASHIWABARA)様が
運営しているコンディショニングサイトは
こちらからご覧ください!
http://power-of-bali.net

柏原様、ご協力いただき誠にありがとうございました!

END:2020.07.02

カラダのくすり箱トップへ戻る