NASM-PES資格取得コースConditioning Coach Mentorship Program

NASM-PES資格取得コース

What’s NASM?NASMって、どんな団体?

数あるヘルス&フィットネス関連団体のなかで、スポーツ医・科学のエビデンスに基づくプログラム提供を行う草分けの存在であり、フィットネス関係者やストレングス・パフォーマンスコーチ、アスレティックトレーナー、スポーツ医療従事者、そして一般の方にも資格を発行するアメリカ屈指の団体です。 理学療法士であり、NBAのバスケットボールチームのストレングスコーチであったマイケル・クラーク博士によって設立され、機能改善やスポーツパフォーマンスの向上など「機能」に関する内容が多いことが大きな特徴です。

What’s NASM-PES?NASM-PESとは?

クライアントに「傷害予防やスポーツパフォーマンスの向上」を求められた場合、あなたは自信をもって指導できるでしょうか。NASMのPerformance Enhancement Specialization(パフォーマンス エンハンスメント スペシャリゼーション)(以下NASM-PES)のカリキュラムでは、リハビリテーションからパフォーマンスアップに共通して必要となる「動作を科学する」ための幅広い知識を学ぶことができ、ジュニア世代からプロのスポーツ選手まであらゆるレベルに対応できます。

アスリートはもちろん、一般の方の指導にも応用が可能で、体系立ったトレーニング指導を学ぶことによって、パフォーマンスアップだけでなく、外傷・障害のリスクを最低限に抑えながら安全に指導ができるようになります。また、トレーニングプログラムを立てる上で、一人一人のクライアントに適したメニューを判断できるようになります。
NASM-PESで学べる特徴の一つに、NASM独自の「Optimum Performance Training(OPT™) モデル」があります。OPTモデルとは科学的かつスポーツ医科学に基づく研究に裏付けられた、業界初の包括的なトレーニングシステムです。OPTモデルをペースに作られたNASM-PESのプログラムは、柔軟性、コアの安定性、パワー、スピード、敏捷性なども含め、パフォーマンス向上のために必要なあらゆる要素を網羅しています。

NASM-PES
▲Optimum Performance Training(OPTIM) モデル

こんな方にオススメです

トレーナーの方

スポーツパフォーマンス向上、
痛みの改善、ケガの予防にも
対応できるようになりたい。
トレーナーの方

肩や腰に痛みを感じながらトレーニングをしているクライアントを改善したいが、改善の仕方がわかりません。また、スポーツのパフォーマンスアップをしたいという方に対して適切なアプローチが行えているか不安です…

治療家の方

特定の部位ではなく、
ヒトが起こす動作のメカニクスを理解したい方。
また運動によって根本的な痛みの
問題解決が必要だと感じている。
治療家の方

治療で痛みを改善することができたのに、動くとまた痛くなってしまうという患者さんの症状に悩んでいます。いくら治療をしても、動くたびに痛みが再発してしまうのでは意味ないな。根本的なカラダの使い方に問題があるのかも。ただ、どうアプローチして良いのか分からない。

学生の方

学校ではたくさん知識を学べているけれど、
今の知識が実際の選手・クライアントの
パフォーマンスアップや傷害予防に
どのように活かされるのかを知りたい。
学生の方

今はスポーツ系の大学に通ってて、将来はトレーナーになりたいと思っています!学校の授業で知識は増えてきたけれど、今後現場で活動するにあたって更に学んでおくことはないかなあ。現場で活躍する一流のトレーナーさんがどんな勉強をしてきたのか知りたい!

取得したら何ができるようになる?

1.動作のメカニクスと筋肉の連動について
理解することができる

実際の人間の動作は、複数の筋肉が連動して成り立っています。ひとつの筋肉のみが働いて動作が起こるということはあり得ないのです。単体の筋肉を鍛える筋力トレーニングもありますが、それだけで動作が改善されるわけではありません。
では、上記のように動作に対するアプローチができると、どのような場面で役立つのでしょうか?
例えば、より速い球を投げたいという野球のピッチャーがいるとします。その選手に対して、大胸筋のトレーニングだけで結果は出るでしょうか。投球動作だけでも、複数の筋肉が協調して働いています。まずはその動作の特性やメカニクスを理解すること。そしてその筋群を同時に鍛えるアプローチ方法を知ることが動作の改善を可能にし、高いパフォーマンスへ繋げることができます。

また、周りにこんな方はいませんか。
“階段の上り下りで膝に痛みを感じる方”
“練習を頑張っているが、すぐに肩を痛めてしまう高校球児”
それは特定の筋肉の硬さや弱さよりも、カラダの使い方に問題があることの方が圧倒的に多いのです。だからこそ動作における問題点を探し出し、その改善策を提供できる知識と確かな目が必要なのです。NASM-PESを学べば動作をより良くするための視点・考え方を身に付けることができます。筋力アップや減量に留まらず、「走りやすくなった」「膝の痛みが軽減した」など、機能面での変化をクライアントに提供できるようになります。

2.傷害予防やパフォーマンスアップに
必要な原理原則を学ぶことができる

“動作を鍛えること”をコンセプトとしたトレーニングを「ファンクショナルトレーニング」と言います。カラダの機能改善・機能向上を目的とする場合、単にトレーニングで扱う重量を増やすだけでは達成されません。動作に関する原理原則を正しく理解し、段階的に動作の難易度や負荷を高めていく必要があります。その原理原則を知っていれば、傷害予防やパフォーマンスアップをより効率的に実現できるのではないでしょうか。NASM-PESでは独自の「OPTモデル」というトレーニングの段階付けの基準となる考えがあり、それに沿ってトレーニングを提供することで安全かつ段階的に動作の質の向上を図ることができます。このOPTモデルはジュニアからプロアスリートレベルまで、あらゆるスポーツレベルで適応できます。もちろん一般の方のトレーニングメニューを組む際にも大いに役立つ考え方です。

コース概要

コース名 NASM-PES オンライン資格取得コース
対象者 パーソナルトレーナー、アスレティックトレーナー、ストレングス&コンディショニングコーチ、理学療法士、鍼灸師、柔道整復師など
コンテンツ ・日本語の講義動画サイトへのアクセス権 全16章 総動画時間17時間
・講義受講用日本語版テキスト
・試験対策用小テスト  全16章分
・英語版テキスト 全647ページ
・NASM Official Siteへのアクセス権 ※Exercise Library他
・日本語版資格試験の受験権利
受講料 ¥132,000(税込
※上述のコンテンツ全て含んだ料金
特別割引 ◎学生割引 ¥92,400(税込)
※専門学校、または大学の最終学年の方(卒業見込み者)に限ります。
なお、受験資格該当学校の既卒歴がある学生はこの限りではありません。
※割引の適応には各種書類が必要となります。詳細は下記をクリックしてください。
⇒【学生特別割引の受講手引◎R-Conditioning Coach®割引 ¥92,400(税込)
※R-Conditioning Coach®認定者が対象となります。
※割引の適応には各種書類が必要となります。詳細は下記をクリックしてください。
⇒【R-Conditioning Coach®特別割引の受講手引
受験資格 1)4年制大学(学部問わず)、または日本のスポーツトレーナー系・医療系専門学校の既卒者。およびその卒業見込み者(2017年3月卒業見込み者)

2)米NCCA、NBFE、DETCの認定団体(NSCA、ACS、NESTA、ACSM、AFAAなど)の資格をお持ちの方。
※資格付与の為に上記①②の両方か、そのどちらかに該当することが必要です。

カリキュラム 第1章 インテグレーテッドトレーニングの概要
第2章 人間運動科学概論
第3章 スポーツパフォーマンステスト
第4章 パフォーマンスアップのための柔軟性トレーニング
第5章 パフォーマンスアップのための心肺持久力トレーニング
第6章 パフォーマンスアップのためのコアトレーニング
第7章 パフォーマンスアップのためのバランストレーニング
第8章 パフォーマンスアップのためのプライオメトリクストレーニング
第9章 パフォーマンスアップのためのSAQトレーニング
第10章 パフォーマンスアップのためのレジスタンストレーニング
第11章 パフォーマンスアップのためのオリンピックリフティング
第12章 ピリオダイゼーションとOPTモデル
第13章 障害予防のコンセプト
第14章 パフォーマンス栄養学
第15章 エルゴジェニックエイド
第16章 パフォーマンス心理学

お申し込みから資格取得までの流れ

1)Google mailアカウントの取得
アカウント取得サイトはこちら
※講義動画サイトへのアクセスのため必須となります。(すでにお持ちの方は新たに作成する必要はございません)
2)申し込みフォームへの登録
お申し込みフォームはこちら
3)弊社指定口座へ受講料お振込
お申し込み受付メール受信から、7日以内に受講料を指定口座へお振込みください。
※振込口座情報記載の受付完了メールを返信いたします。
4)On-line学習の開始
お振込み確認出来次第「On-line講義受講サイト」で学習開始できます。
各種資料は上記サイトからダウンロード。
※On-line講義閲覧期限はありません。
5)英語版テキスト受け取り
入金確認から約1~2週間で英語版テキストが郵送されます。
6)NASMよりオンライン試験サイトメールを受信
入金確認から約20日以内に米NASMより「オンライン試験受講サイト」のメールが受信されます。
※オンライン試験受講期限はここから1年間
※3回まで受験可能。
7)オンライン試験受講
合否はその場でわかります。
8)認定証の郵送
約2ヶ月以内に米NASMから認定証が郵送されます。
※On-line試験に合格後、簡易的な認定証はインターネットからダウンロード確認。
※学生は所属学校の卒業(卒業証明書の郵送)を確認後、郵送いたします。

推奨利用環境

・推奨ブラウザ グーグルクローム、サファリ
・推奨画面サイズ 1280×1024pixcel以上
・推奨通信速度 1Mbps以上
・Adobe Flash Player(Version10.0.0以上)
【オペレーティングシステム】
・windows 7以降
・Mac OS X 10.7以降
・Ubuntu 10以降
・Linux OS 11以降(64bit)

NASM-PES 各種SNS

各種SNSで有益な情報をお届けしております。
Facebook
Instagram

その他のコース

Basicコース

身体機能の原理原則に基づいて、クライアントの動作に何が起きているのかを見極める「動作を見る目」と、クライアントに伝わるように伝え、動作不良を効果的に改善させる「コーチングスキル」を実技指導を通じて学ぶコースです。

Basicコース

こんな方にオススメです

  • ①動作評価をできるようになりたい方
  • ②クライアントの痛みを引き起こしている根本の原因を評価できるようになりたい方
  • ③クライアントの動作不良を修正するコーチングスキルを身に付けたい方
S・O・A・P®コース

R-bodyが実践している”身体機能評価”の手法や”プログラムデザイン”を、実技を通じて学ぶコースです。

S・O・A・P®コース

こんな方にオススメです

  • ①R-bodyが実践している身体機能評価の方法を知りたい方
  • ②R-bodyが実践しているプログラムデザインを知りたい方
Partner Stretchコース

R-bodyが実践しているパートナーストレッチを、実技を通じて学ぶコースです。

Partner Stretchコース

こんな方にオススメです

  • ①R-bodyが実践しているパートナーストレッチの方法を学びたい方
  • ②機能解剖学を理解し、機能改善につながるストレッチを行えるようになりたい方
総合実習コース

R-body Conditioning Academyへ入会し、実践を通じて、指導に活きる知識と知恵を得るためのコースです。

総合実習コース

こんな方にオススメです

  • ① BasicコースやS・O・A・P®︎コースで学んだ事を、高いクオリティでサービスとして実践できるようになりたい方
  • ②様々な症例に対するアプローチの方法を学びたい方
  • ③R-body projectで働きたい方
介護コース

介護士として働く人々が、ヒトのカラダの構造や機能的なカラダをつくるための原理原則を理解し、実際に指導できるところまでを一貫して学ぶコースです。
"介護士自身の機能改善とケガをしないための知識や運動方法を身につけること"
"利用者様の運動機能を改善できる介護士になること"を目指します。

介護コース

こんな方にオススメです

  • ①日々の介助動作においてカラダに痛みや不安がある方
  • ②機能改善に効果的な運動指導ができるようになりたい方
  • ③利用者様への運動指導で伝え方をうまくしたい方