MEMBER’S VOICER-bodyで働くメンバーの声

多賀井 遥
多賀井 遥
2019年度入社
| 新卒採用
多賀井 遥

Q1.R-bodyを知ったきっかけと入社した経緯を教えてください。

昔からスポーツをすることも、見ることも好きだった私は学生時代から部活一筋でした。スポーツ業界に興味はあったのですが、高校の就職活動では決めきれず、スポーツとは関係のない仕事に就きました。しかし、どうしてもスポーツ業界への道が諦めきれず専門学校に入学し、カラダについて学び、コンディショニングコーチという道を目指しました。
卒業後に大阪を出るつもりはなかったのですが、先生の紹介でR-bodyを知り、施設へ見学に行った時に衝撃を受けました。「こんなにも活き活きとした姿でトレーナーが働く会社があったんだ!」と。一言で表すとまさに”一目惚れ”でした。メンバーの一員になりたい!夢を叶えたい!その一心でR-bodyを志望しました。

Q2.入社後一番印象に残っているエピソードを教えてください。

入社してすぐに歓迎会を開いてくれました。お店を貸し切って先輩方全員が入社を歓迎してくれたんです。そして大盛り上がりしたんですが…R-bodyのメンバーは想像を超えていました。その日、みんなが誕生日が近かった私にバースデーサプライズをしてくれたり、同期からはプレゼントを、メンバーからはメッセージをもらったんです。上京して友達もいない状況だった私は、とてつもない安心感と感動を覚えました。

多賀井 遥

Q3.入社前と入社後のギャップはなんですか?

お客さまへのトレーニング指導が自分の業務だと思っていましたが、それ以外の業務でも成長できる面がたくさんあると感じています。
R-bodyではコンディショニングコーチが全ての業務を行うため、お客さまのトレーニング指導や、カラダの知識についてはもちろんのこと、フロントや事務的な業務まで行います。社会人として必要なことを学ぶことができる。
今の自分にとって、R-bodyはただの職場を超えて、”学ぶ場”であり”成長できる場”だと思っています。

Q4.未来のメンバーへ一言お願いします。

1人の力の大きさに加えて、集団(チーム)が一丸となれば、もっと大きく前進することができるはずです。チームワークを大切にし、前向きな気持ちがある方と切磋琢磨しながら成長できれば嬉しいなと思います。
私がとにかく伝えたいことは…『コンディショニングコーチという職業は、最高に楽しくワクワクする!』ということです。まずは是非、施設に足を運んでみてください。R-bodyの雰囲気を感じていただきたいです!

採用トップへ戻る